カリスマ整形外科女医の池田優子さんが写真週刊誌「フォーカス」でヌードになっていた。

写真週刊誌「フォーカス」(2000年10月18日号)。今日発売の「週刊新潮」にも写真が転載されている。問題のヌード写真は、優子さんがバスタブ泡まみれで乳首丸出ししている。当時、42歳だった。安達祐実のお母さん、安達有里の48歳より若いだけなんだけど、バストは92だとか。因みに、ウエストは60、ヒップは92というから、これは、なかなかのナイスバディである。
早速、当時の編集長だった山本伊吾さんに電話した。
「ええっ、そうなの? 出たいたっけかな…」
「(発行時期を伝えて)ほら、バスタブに入った写真ですよ」
「ああっ、あったなー。思い出した、思い出した。あの写真ねー」
「何か、エピソードある?」
「いやー、写真は思い出したけど、その時のことは覚えてねぇーな。悪いねぇー」。
「……」
しかし、事件が起こると、もうプライバシーはなくなるってことだ。ここは、果菜ちゃんもヌードを披露したら凄いだろう。

※「週刊新潮」に掲載された池田優子さんの問題のヘアー・ヌード写真

100162761.jpg