国家公安委員会と警視庁のHPにサイバー攻撃か!?

国家公安委員会と警察庁のホームページが“サイバー攻撃”を受けていたことが分かった。と言うのも、27日午後8時31分から午後11時52分までの3時間21分にわたって、いずれもホームページの閲覧不能になっていた。警視庁では
「大量の情報を送り付ける“DoS攻撃”を受けた可能性が高い」
と断言、発信元や詳細な被害状況などを調べている。
もっとも、このHPは昨年4月にも閲覧困難になったことがあった。当時は
「反日活動を展開する中国のウェブサイトが日本国内のサーバーにサイバー攻撃を仕掛けるよう呼び掛けていた」。
それにしても、その後の対策をしていなかったことが、今回の“サイバー攻撃”の発覚で図らずもバレてしまったことになる。国家公安委員会も警視庁も、案外、こういった部分では無策というか、危機管理が乏しいってことになる。

Comments are closed.