マカオでのホリエモン取材で人生観も変わった! 日本にもカジノを作るべきだ!!

日本でのカジノ構想では、石原慎太郎都知事なんかが「お台場」と言ったり、その一方では「沖縄」って声もある。ところが、日本でのカジノ第1号は静岡県熱海市で決まっているという。これは、どうやら、水面下で進んでいる”決定事項”だそうだ。
実は、ホリエモンも沖縄でのカジノ構想の利権に乗ったとも言われているが、それはともかく800兆円近くもの借金を抱え、もはやパンク寸前と言われるほどの財政難の日本には、全国各地にカジノは必要なのだ。自民党を中心とした国会議員は、財務省の言いなりになって馬鹿の一つ覚えのように「増税」「増税」の大合唱だが、取りやすいところから取る「増税」は誰が考えたって、おかしな話である。何故、国民は怒らないのか? 
とにかくマカオは今、経済が絶好調!! 何と、マカオのカジノ産業による収入は、米国のラスベガスに匹敵している。いや、将来はラスベガスを追い抜くとも言われている。マカオに来た観光客は2000万人に迫る勢いだそうで、カジノ収入も上昇の一途を辿っていると言われる。マカオには豪華なホテルやカジノ場が次々に出来ている。
さすがのキチガイ・デスクもホリエモン取材なんかよりカジノに狂ってしまった。こんなことでは、頼もしい助っ人になったもんじゃない!! とにかく一時は、神がかりで勝って、一発で数万円を手にしてしまった。これじゃ、ホリエモンなんかよりもカジノに狂うのも無理がない!?

※写真=マカオのカジノ収入はラスベガスに匹敵
100124161.jpg