安室ラスト・ライブビデオが200万枚! 「日本ゴールドディスク大賞」の〝アーティスト・オブ・ザ・イヤー〟に安室奈美恵とクイーン

一般社団法人日本レコード協会は2018年のCD、音楽ビデオ等の正味売上実績(総出荷から返品数を差し引いたもの)に基づき作品およびアーティストを顕彰する「第33回日本ゴールドディスク大賞」(対象期間:2018年1月1日~12月31日)の受賞作品・アーティストを発表した。

今回は60作品・アーティストが受賞。対象期間中の作品・楽曲の正味売上合計金額が最も多いアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、安室奈美恵が昨年に続き2年連続3度目の受賞。洋楽部門は、クイーンが14年ぶり2度目の受賞を果たした。
また、「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTS(防弾少年団)が初受賞した。

対象期間の売上実績は、安室が▽アルバム45万6711枚▽シングル3万0645枚▽音楽ビデオ199万6365
枚▽音楽配信218万3291ダウンロード。クイーンが▽アルバム50万5824枚▽音楽ビデオ9万4338枚▽音楽配信18万9729ダウンロードだった。

2018年9月16日に引退した安室は、約80万人を動員した引退前最後の全国ツアーの模様を収めたライブDVD&BD「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」が音楽映像作品史上初となるミリオンセールスを記録。今回、同作品は、ビデオ部門の「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)も受賞した。

クイーンは、18年11月9日に公開され興収110億円超を記録した伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットとともに、同映画のサウンドトラックがセールスを伸ばし、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(洋楽)、「ベスト3アルバム」(洋楽)、「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」にも輝いた。

この他、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)はKing&Prince、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)はサザンオールスターズ「海のOh!Yeah!!」、「シングル・オブ・ザ・イヤー」はAKB48「Teacher Teacher」、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(邦楽)は米津玄師「Lemon」、特別賞はDA PUMP「U.S.A.」が受賞した。