もはやカオス状態に陥ったNGT48騒動! 最大の問題は総合プロデューサー秋元康の〝他人事〟態度‼︎

 AKB 48グループで、新潟を拠点に活動しているアイドル・グループ「NGT 48」のメンバーの1人、山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅に押しかけてきたファンの男に襲われるなどの被害を受けたニュースが大きな問題になっている。しかも、事件発覚が警察でもなければNGT48の運営側でもない、被害者本・山口だったと言う前代未聞の出来事だったことが事態を悪化せることとなった。
「(運営側は)事件を隠蔽しようとしていたんじゃないか」
「AKB48グループの管理・運営体制は本当に大丈夫か?」
といった疑問の声がファンの間でも巻き起こり、既にネット上では騒然となっている。
事件は、昨年12月8日午後9時頃に起こった。公演を終えた山口が自宅マンションに帰宅すると、2人の男――いずれも25歳の無職の男と大学生の男が玄関先で待ち伏せしていたと言う。驚いた山口は家に逃げ込もうとすると、その男らから顔を掴まれ、さらには押し飛ばされるなどの暴行を受けたと言う。
「ドアを閉めようとしたら手が出てきました。それから顔を掴まれ押し倒れそうになりました。必死に追い返そうとしました」(山口)。
危険を感じた山口は運営担当者に連絡、その通報で駆けつけた新潟警察署員によって2人の男は暴行容疑で逮捕された。取り調べに対して大学生の男は「好意を持っていた」「話をしたかった」などと供述したようだが、2人とも「暴行はしていない」と容疑を否認したことから、新潟警察署は「不起訴処分」とし、釈放したと言う。
ところが、その事件が明らかになったのは、何と今年に入ってからだった。
事件から1ヶ月が経った1月8日夜から9日の朝にかけて、山口本人が動画配信サイトや公式ツイッターで「被害を受けた」と涙ながらに告白したのだ。

事件発覚の発端は本人の動画サイトとツイッター

「本当のことを言わないと何も解決しない」。
動画配信サイトやツイッターで山口は、運営だけではなくメンバーに対しても不信感を露わにした。
「何で、他のグループでは許されないことが、NGTで許されるかもわからない。ずっと言い続けてきたのに、全部対処す ると言っていたのに…」
「この1ヶ月怖かったけど、ずっと待っていた。だけど結果、何もしてくれてなくて。悪いことしていた人たちも全部そのままで…。意味がわからない」
「誰かが取り返しがつかなくなったら、どうするんだろう。(支配人は)クリーンなNGT
にすると言ったのに、新しいNGTにするとか…。悪いことをしている奴らだって解雇するって言っていたくせに。何も対処してくれなくて」
「みんなの個人情報もバレてるし、何で真面目にやっている人が、こんな目に遭わないといけないのか分からない。真面目にやってきたことが悪いの?何で、こんなに怖い目に遭わないといけないの?」
それは悲痛な叫びだった。
一昨年の日本相撲協会内の不祥事以来、日本大学アメフト部や日本レスリング協会、日本ボクシング連盟を始め、日本体操協会…。それこそプロ・アマ問わず大学や各競技団体内での不祥事やパワハラが社会問題となった。そう言った中、体操女子で2016年リオ五輪代表だった当時18歳の宮川紗江選手が、たった1人だけで同記者会見を行い、日本体操協会への不満を洗いざらい吐き出したことがあったが、今回の山口の〝告白〟は、その宮川選手の会見に匹敵するほどの衝撃度となった。
それにしても、今の時代は本人が叫ばなければ解決の糸口すらつかめないと言うことか。起こったことも無かったことに…都合よく揉み消されてしまうことだってあり得るわけだ。
しかも、今回の出来事は、不起訴処分とは言っても警察も動いた〝事件〟である。それが発生から1ヶ月間も表沙汰にならなかったのは凄いことだ。と言うより、これほどまでSNSが発達した時代では理解に苦しむ。やはり運営側が事件を巧妙に隠蔽しようとしていたと言われても仕方がないだろう。
いずれにしても怪我はなく済んだのは不幸中の幸いだった。ただ、山口を襲った男が不起訴になったのは、おそらく山口が「被害届」を出さなかったからだろう。考えられるのは、前述したように、事件が明るみになると、運営の責任も問われることになり、担当者は責任を取らなければならなくなる。ここは穏便に済ませたいと考えた運営側が山口を言いくるめて、警察に「被害届」を出すことを止めたものと推測される。
しかし、今となっては、さすがに警察内部でも今回の捜査に対して疑問視する声が巻き起こっているに違いない。

国内5つ目の秋元プロデュースAKB 48グループ

NGT 48は2015年に、作詞家の秋元康がプロデュースする国内5つ目のAKB 48グループとして誕生した。これまでにシングル4枚を発売しているが、山口は、その1期生。現在、メンバー・研究生は合わせて42人が在籍しているが、その中でも11人いる「チームG」の副キャプテンだったと言う。
グループ内ではネットのライブ配信サービス「SHOWROOM」などにも積極的に取り組んでいた。タイプ的には〝不思議ちゃん〟だったようで〝まほほん〟の愛称で親しまれていたと言う。因みに「選抜総選挙」では17年が53位で、昨年は70位だった。
それにしても、今回の事件発覚で11日の研究生公演、そして14日に行われる予定だったチームGの劇場公演が中止されたものの、先ごろ(10日)、新潟市のNGT 48劇場で開催された「NGT 48劇場3周年記念スペシャル公演」には山口も出演した。
山口はステージ上で一連の騒動について謝罪。その終演後には運営側もコメントを発表し、そこでNGT 48のメンバーが、ファンに山口の帰宅時間を教えるなど、騒動に関与していたことを明らかにした。
これに対して指原莉乃(26)は、自らのツイッターで
「ここまで大きな事件を、彼女に謝らせる運営だとは思いたくないし、でも、本人発信だとしても、こうなってしまったことを謝らなきゃ!と思って自分を責めているんじゃないかと心配です。そこで謝らなくてもいいんだよ!と言えるスタッフがいなかったことも、どうかと思います」
と書き込んだ。

グループ内部の嫌がらせがファンに拡大?

当初、山口の告白について――特に、会員限定のツイッターで山口が「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかして(そそのかして)いました」と呟いたことについて、運営側は「メンバーの関与はない」と否定していた。そういったことから、業界内では「山口の妄想だったのではないか」なんて声まであったが、実は妄想でも何でもなく事実だったことが明らかになった。本来、運営はタレントを守るのが仕事だが、どうやらタレントより自己保身に動いていたことになる。
「12月8日の事件後、9日に加害者の男が逮捕されたましたが、山口は精神的に不安定となり、22日の握手会を休んだ。ところが年末の28日に2人は不起訴処分になり釈放…。さすがに山口も納得がいかなかったはずです。結局、事件が起こってから1ヶ月間、運営側は山口には言い訳をするだけで、その切実な訴えに耳を傾けるどころか、逆に隠蔽工作しか頭の中になかったと言うことでしょう。とにかく運営側は、時間稼ぎをしてウヤムヤにしたかったのだと思いますよ。  まさか、山口が自ら公表するなんてことは思ってもなかったはずです。明らかに認識の甘さです」(音楽関係者)
山口は告白後に「(AKBグループの)運営とも話し合えた」としていたが、言わなかったら、そのままだったはずだ。ま、今回はAKSが山口を言いくるめて、ひとまずは事態の収拾を図ろうとしているような気配さえ感じる。
それにNGT48運営側は、コメントの中で
「今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です」
としているが、どこか今回の事件の論点とはズレているような気がしてならない。
しかし、埼玉・桶川での女子大生ストーカー事件に始まり、3年前には東京・小金井市で警察の怠慢から芸能活動をする女子大生がファンに刺されるという痛ましい事件まで起こった。AKB 48にしても握手会で過去に傷害事件まで発生しており、昨年は、乃木坂46と欅坂46、けやき坂46がファンに対して「接見禁止」の警告文まで出している。それだけに、運営側もファンとのトラブルについては十分に「学習能力」をつけてきたはずなのだが…。

総合プロデューサーの秋元康はスタッフを叱責しただけ?

それにしてもだ。今回の事件で納得できないのは、総合プロデューサーの秋元康氏が全く出てこないことである。どこのメディアの中でも彼のコメントが出てこないし、それこそ責任を追及する意見がない。実に妙である。
運営会社であるAKSは、とりあえず「(秋元氏から)叱責された」とし、劇場支配人の事実上更迭、さらに第三者委員会を設置して調査することを明らかにしている。確かにグループを運営しているのは「AKS」かもしれないが、表の責任者は、何と言っても秋元康氏のはずである。
制作から宣伝に至るまで口を出し、メンバーにしても「秋元康さんから言われた」なんて言う。その秋元氏が、こう言ったトラブルが起こると何故か他人事になってしまうのは、一体、何で何だろう?
今回、騒動の真っ只中の10日。秋元氏は都内で行われた「シーバスリーガル ゴールドシグネーチャー・アワード2019」の授賞式に出席していた。しかし、秋元氏は事件には触れることがなく、受賞者が「渋谷は東京のウエストコート」と例えたことに対して「いいね。いつかAKBか乃木坂の歌詞に出てくるかもしれない」なんて嘯いていた。この温度差って一体何だろうか?
事件に対して指原は、13日のフジテレビ系「ワイドナショー」でコメントすると言う。きっとネットニュースでは大ニュースになるはずだ。
指原以外にもAKB48グループ総監督の横山由依(26)などのメンバーが、運営の不備を含め意見をしている。そう言った動きに一部のメディアでは「メンバーが自由に発言できるのはAKBが開かれている証拠」なんて評価しているが、所詮はコトが起こった後の発言である。どうも、私は素直じゃないから「これは秋元氏による巧妙に仕組まれたガス抜きなんじゃないか」なんて勘ぐりたくなってしまう。何せ、秋元氏と言うのは百戦錬磨の仕掛け人である。
いずれにしても、もし、これが事件が起こった時点で、秋元氏が真っ先に顔を出し、それこそ陣頭指揮を執り、事態の収束を図っていたら、ここまで大騒動にならなかったはず。私も「さすがは総合プロデューサーだけある」と評価しただろう。が、今は「やっぱり、ええカッコしいだけのオッさんだった」と言うのが正直なところだ。

【関連】
https://blogos.com/article/351062/