話題は沈静化したが…あの〝紀州のドン・ファン〟に20年間仕えた家政婦の愛娘のパトロンに〝銀座のドン・ファン〟が…?

和歌山県田辺市の酒類販売会社社長で、〝紀州のドン・ファン〟こと野崎幸助氏(享年77歳)の急性覚醒剤中毒死事件は世の中を賑わした。
当初は「4000人の女性に30億円を注ぎ込んだ大富豪の怪死」なんて話題になったが、その後、野崎氏の体内から致死量の覚醒剤が発見されたことや、事件の前に溺愛してきた愛犬のラブが突然死していたことも重なって、一気に「前代未聞のミステリー事件」となった。
しかも、騒動の登場人物も揃っている。亡くなる3ヶ月前に55歳も若い、22歳のSさんと結婚したことや、〝怪死〟現場に、その新妻と一緒に居合わせた家政婦のキャラが際立っていたこと、さらに、そこに何故か「生前、交流があった」と、デヴィ夫人までが〝参戦〟して来て格好のワイドショー・ネタにもなった。
そう言ったこともあってか、当時は「JR紀勢本線の紀伊田辺駅から歩いていける〝ドン・ファン邸〟には見物客が殺到して、ちょっとした観光地担っていましたね」(取材記者)。
ま、そんな余談はともかく肝心な捜査はというと…。
埋葬された愛犬を掘り出し、改めて死因を調べるなんて言ったり、何となく進展する兆しはない。そういったこともあって「事件は長期化する」とも言われていたが、今や「やっぱり…」といった感じだ。
が、ここにきて、この騒動が思いがけないネタをもたらしてきた。
「実は、家政婦には1人娘がいるんです。東京では一緒に暮らしていますが、その娘さんというのは歌手として活動しています。以前は、大手レコード会社と契約を結んでいたのですが、現在は契約がなくフリーでライブを中心に活動しています」。
もっとも「家政婦の一人娘が歌手」というだけなら単なる暇ネタに過ぎないのだが、何と、彼女のバックには〝紀州のドン・ファン〟ならぬ〝銀座のドン・ファン〟がいたのだ。
「大手給食会社社長のN氏が彼女の大スポンサーなんです。…いや、スポンサーというよりパトロンといった方がいいかもしれません。とにかくN氏は彼女にゾッコンで、それこそ衣装から装飾品、さらには音楽活動に関わる一切の資金を提供しているんです。それも、すべて高級ブランド品ばかり。彼女は、インスタやフェイスブックもやっていますが、その中で身につけている衣装はほとんどが貢物です。それに、ちょっと暇があれば彼女と海外旅行も楽しんでいました。明らかに公私混同で、もちろん会社内でも問題視する声も多いのですが、結局はオーナー社長ということもあって御構いなし。聞く耳なんて全くありません。正直言って病気としか思えませんでした」(業界関係者)。
その会社というのは医療機関、介護・福祉施設、全国の小中学校、企業に対して食事を提供する給食業務を行っている。社員数は1万7000人で年商は800億円だという。で、N氏は創業者兼元社長(故人)の長男。
ここで女性社員から「病気」と言われるのには理由(ワケ)がある。
N氏は、かつて連日連夜、銀座のクラブに通っていたことから、社内から「社費の個人的流用」という声が上がり、4年ほど前に「社長解任」が持ち上がったりしたりもしたそうだが「それでもクラブ通いが続いたことから、会社は、銀座の行きつけクラブに対してN氏の〝立ち入りを禁止して欲しい〟という通知を送ったようです」(事情通)。
会社からの〝通達〟に、さすがにグラブ側も入店を断るようになったようで、N氏も「一旦は銀座から遠のいた」と言われるが、そこで、N氏を心配して連絡したのが、当時、クラブで働いていた彼女だった。N氏は、そんな彼女を次第に溺愛するようになっていったらしい。
「彼女に対する社長(N氏)の〝投資〟というは半端じゃありません。彼女はシンガーソングライターと言っていますが、日常の衣類や、仕事の衣装、それに装飾品ばかりではなく、彼女の音楽活動の中での宣伝費はもちろん、プロモーションビデオの費用も全て負担しています。もちろん、彼女の出演するイベントがあったら協賛金も出していますし、会社の行事やイベントにも頻繁に出演させていました。彼女の楽曲は自社のCM曲にまで使っていました。言い方は悪いかもしれませんが、彼女からしたら最高の金ズルなんじゃないですかね。しかも、社員は業務でもない彼女のサポートや動員要員としても行かされていたようです。当然、みんな不満を口にしていますよ。いくらオーナーでもここまで公私混同というのは異常ですよ。さすがに社内ではみんな怒り心頭ですよ。彼女を応援する人なんて1人もいないはずです。逆に嫌っていましたね」(関係者)。
4000人に30億円を注ぎ込んだ〝紀州のドン・ファン〟に対抗しているわけではないだろうが、N氏は、すでに数億単位の金を彼女1人に注ぎ込んで来たと言われる。もっとも、そこまで金を注ぎ込んでも売れ来なかったのは、逆に「何故?」なんて思ってしまうのだが…。
確かに、会社の売り上げは伸びているのだが、経営的はどうか?ただ「彼女は会社の宣伝に貢献しているわけだし問題はない」という理屈もあるのかもしれない。とは言っても、やはり会社として大問題というしかないだろう。
しかも「彼女には事務所がないので、実質的に母親がマネジャー代わりになっていた」とも。騒動以来、なかなか出歩けなくなったらしいがTさんは和歌山では家政婦、そして東京では娘のマネジャーと、まさに二足のわらじを履いていたことになる?それも、娘の方は〝紀州のドン・ファン〟と結婚した22歳の若妻の「月々100万円」よりも割りがいい感じもしないわけではない。まさに究極の〝錬金術〟と言ったところ。さすがは〝紀州のドン・ファン〟に20年間も仕えてきた家政婦だけある。そして娘も親譲りだった。これは驚くべき実態だろう。
因みに、N氏も最近は銀座のクラブで再び見かけるようになったという。