東スポさんには「引退」と書かれてきたが…恒例「東スポ映画大賞授賞式」に香取慎吾も出席

 ビートたけしが審査委員長を務める恒例の「東京スポーツ映画大賞授賞式」が東京・品川区のグランドプリンス高輪で開催された。今年27回目を迎える。同賞が他の映画賞と違うのは「ビートたけしのエンターテインメント賞」を設けていること。「映画賞」と「エンターテインメント賞」を兼ね合わせた異色の授賞式として年を追うごとに注目されつつある。
今年の映画作品賞は北野武が監督した「アウトレイジ 最終章」で、助演男優賞には先ごろ急死した大杉漣さんや大森南朋。ピエール瀧、松重豊、金田時男ら同映画出演者が揃って受賞した。一方、助演女優賞には「三度目の殺人」に出演した広瀬すずと斉藤由貴が受賞した。
しかし、今年、最も注目されたのは「エンターテインメント賞」の〝話題賞〟だった。元横綱・日馬富士と貴ノ岩、そして元衆議院議員の豊田真由子氏らの頭上に輝いたが、さらに元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛も受賞したが、今回、その中から元SMAPの香取が会場に駆けつけ場内を驚かせた。
「初めまして香取慎吾です」とおどけた表情で挨拶した香取は「〝新しい地図〟という新事務所を立ち上げて、まだ1年しか経っていない中で、このような賞を頂けで嬉しく思っています」と喜びを語った。さらに「実は、このようなステージに立つことなんて夢にも思っていませんでした。東スポさんには、何度もお世話になり、一面にも載せてもらいました。その時に〝香取引退〟と書かれましたが、もし引退していたら、ここには立っていなかったと思います」と言い、今後の活動については「現在は、4月に公開される映画『クソ野郎と美しき世界』の撮影をしています。今回は〝話題賞〟でしたが、来年は映画で〝作品賞〟を頂いて、このステージに立ちたい」と意気込みを語っていた。
IMG_1058.jpg

また、授賞式には「散歩する新緑者」で主演女優賞を獲得した長澤まさみ、「三度目の殺人」で助演女優賞に輝いた広瀬すずらも会場に駆けつけた。たけしは「素晴らしい映画祭になってきた。文化の一つとして、もっと大きくしていきたい」と意欲を語っていた。