日本の宝!後世に残していかなければならない…泉谷しげるが伝統工芸品「四日市萬古焼」絵付けに初挑戦!

「実は、萬古焼の土鍋が大好きなんですよ」。
歌手で俳優の泉谷しげる(69)が、三重県四日市の代表的地場産業となっている伝統工芸品「四日市萬古焼」の絵付けに初挑戦した。今年は「萬古焼」の創始者である沼波弄山(ぬまなみ・ろうざん)の生誕300年ということから同市では今春から年間を通したキャンペーンを繰り広げるが、その皮切りとして、泉谷の絵付けを行なった。泉谷による絵付けで「萬古焼」への興味や関心を高めたいとしている。
IMG_0772.jpg「萬古焼」は、「ばんこやき」と読む。決しって「まん○やき」とは読まない。勘違いされては困る。この焼き物は、あくまで「優れた耐熱性」が大きな特徴なのだ。芝泥の急須や土鍋などが有名だそうで、何と言っても「三重県指定伝統工芸品」「三重県指定無形文化財」になっていて、現在は「伝統工芸品」にも指定されている。中でも「四日市萬古焼」の土鍋は国内シェアは8割を占めると言われている。
その「萬古焼」の創始者である沼波弄山が今年、生誕300ねんを迎えることから四日市市は、この機会に改めて「萬古焼」の魅力を再認識してもらおうと今春から全国キャンペーンを展開することになった。そこで白羽の矢が立ったのが泉谷。
2018022311360000.jpg
泉谷は、自由奔放な精神と感性で、芸術を生のものとして表現できる数少ない〝現代アート〟の担い手として知られ、自ら描いた絵画に囲まれながらの音楽ライブ「アート・オブ・ライブ」を繰り広げていることで知られる。そういったこともあって「泉谷さんの独創的な絵付けによって、萬古焼の認知を高め、幅広い人から興味や関心を持ってもらえるようにしたい」と同市シティプロモーション課の担当者。
泉谷は、土鍋や皿など数点の萬古焼に数時間かけて絵付けをした。色合いなど悩む部分もあったが「俺の絵が萬古焼に合うかどうか分からないけど、萬古焼は後世に残していかなければならない日本の宝だからな。俺に出来ることなら絵付けでも何でもしていきたい」と泉谷も意欲を見せていた。