BugLugボーカル一聖、重症頭部外傷緊急手術から奇跡の復活!! 初の日本武道館公演を発表!

FullSizeRender.jpg奇跡の復活だ!! 重症頭部外傷などで緊急手術を受け療養中だった人気ロックグループ?BugLug?のボーカル、一聖(いっせい)が7日、東京・水道橋のTOKYO DOME CITY HALLで行われたレーベル・イベントで、8ヶ月ぶりにステージ復帰を果たしていたことが分かった。関係者によれは、現在も完全復帰を目指し自宅静養でリハビリ中だというが、今回は「心配をかけてきたファンに元気な姿を見せたい」という一聖本人の希望でステージに立ったという。また、一聖から日本武道館公演も明らかにされた。 一聖が登場したのは「レジスター・レコーズ」の新春イベント「治外法権・新春だよ全員集合!!2017」。BugLugの他、DOG inTheパラレルワールドオーケストラやBlu-BiLLioNなど、同レーベルに所属するビジュアル系の個性派ロックグループが多数出演した。  一聖は昨年5月7日、事務所関係者との打ち合わせの後に入った東京・渋谷区内の飲食店の階段で足を滑らせ転落、頭部を強打した。都内の病院に救急搬送され数時間にも及ぶ緊急オペが行われたが「重症頭部外傷」と診断され、完全復帰は危ぶまれていた。 BugLugは、09年にデビューした5人組。当時は、シルエットで顔を隠すという奇抜な手法でデビューして話題になった。人気もうなぎ上りで、数多いビジュアル系ロックグループの中でも熱狂的なファンも多いのが特徴だった。既に16枚のシングルを発売し、ベストテン内へのランクインは常連だった。このため昨年は「活躍が最も注目されるグループ」として注目されていた。
そのグループで一聖はボーカルを担当する中心的な存在だった。しかし、術後の経過は一進一退で「意識が完全には回復せず、会話もできない状態だった」と関係者。集中治療室がら出られず「ご親族のみしか面会が出来ない日が続いた」という。  そういった中で残されたメンバーは「一聖が悔しがる位にカッコいいステージにする。それがきっと今後のBugLugにとって大きな財産になる」と、活動を続けてきた。
メンバーの力強いバックアップやファンからの声援に励まされた一聖は、最先端医療懸で治療を受けてきた。その結果、昨秋には歩行が出来るまで回復、その後は自宅療養をしながらバンド復帰を目指してきたという。  今回、一聖はBugLugのライブ・ステージのラスト曲でサプライズとして登場した。曲のイントロに乗って一聖が姿を現すと、客席からは悲鳴に近い歓声がで沸き上がった。予期しなかった一聖の登場に会場には号泣するファンの姿も。医療関係者は「事故の大きさから考えたら奇跡的な復帰」と驚く。
♪「タイムマシーンなど燃やしてしまおう」 世の中を敵にまわそうものでも 今を守る為君を守る為 こんな世界さえ愛し抜くためにも…
一聖が選んだ曲は自ら書き下ろした「TIME MACHINE」だった。この曲に生死を彷徨った8ヶ月の思いを詰め込んだという。
そして、一聖の口から、ファンに初の日本武道館公演が発表された。しかも、事故から丁度1年後の5月7日に開催するという。所属事務所では「今回のステージで、一聖も手応えを感じたようだ。まだ、リハビリは続ける。武道館公演は完璧な姿でファンの声援に応えられると思う」と語っていた。
一聖の復活と日本武道館公演という、思いもかけない?お年玉プレゼント?にファンは大喜びだった。