デビュー40周年の松山千春――初コンサートの記念日8月8日に日本武道館でギター1本で〝一人唄コンサート〟

フォーク歌手・松山千春が、来る8月8日に東京・日本武道館でアニバーサリー・イベント「ひとり唄コンサート」を行う。
「40周年を迎えて、夏に何かをやろうということになった」とした上で、「最初は地元の足寄や帯広、札幌、さらには野外でのイベントはどうかとか色々な案が出てきた。そんな時に、8月8日に日本武道館を借りられるということになり、だったら…ということになった」と千春。
FullSizeRender.jpg千春は1977年1月25日に「旅立ち」でデビューした。しかし、デビュー日以上に心に残っているのが8月8日だという。この日は北海道厚生年金会館(現ニトリ文化ホール)で初の単独公演が行われた日だった。それだけに千春にとっては「忘れることのできない日」なのだ。そういった意味で、日本武道館での「ひとり唄」は、現在のコンサートを中心とした活動の記念すべき日のコンサートということになる。
「今回の武道館コンサートは幕開けからアンコールまで全てバックバンドを入れずにギター1本だけでやろうと思っている」と千春。その上で「俺とギター1本だけで、どれだけ歌を心に届けることが出来るのか、それが楽しみでならない」。
千春の武道館公演は「全国100番勝負」(1996年6月)以来、実に20年ぶりになる。が、全編をギター1本だけの弾き語りで行うというのは、デビュー以来だという。もちろん、ギター1本で日本武道館コンサートを開くというのは前代未聞である。
「どんなステージでコンサートをやるかは、これから考えていく」
と言うが、千春ファンにとっては待ち遠しいコンサートになりそうだ。