〝最後に私の全てを見て…〟AV女優引退の上原亜衣が5月1日から浅草ロック座でファンと〝お別れ公演〟

「最後に私の全てをファンの人とたちに見てもらいたい」。昨秋、AV女優を引退することを発表した上原亜衣(23)が、5月1日から20日まで浅草のロック座で〝引退公演〟を行うことを発表した。AV女優が引退でストリップというのは異例だけにアダルト界の大ニュースになりそうだ。
FullSizeRender.jpg 昨秋、東京・豊洲PITで行われた「Japan Adult Expo2015」で、AV女優の引退を発表した上原だったが、上原のブログには、ファンから「(引退宣言は)噂だったらよかったのに」とか「撤回してほしい」という声が多数寄せられていた。
「デビューして4年が経ちましたが、ファンに支えられて頑張ってくることが出来た」という。そんなファンへの思いが、今回のロック座となった。
「最後はロック座でのステージを選びました。最後まで応援してくれたファンの前に立ちたかった。AV女優としての最後のビデオは4月25日になるので、引退した私がみんなの前に立てる本当の最後になります」。
天然キャラとして愛され、体の柔らかさも自慢だった。2013年には、DMMの年間AV女優ランキングで1位にも選ばれ、翌14年にはDMMアワードで優秀女優賞プラチナを受賞している。現在は〝恵比寿★マスカッツ〟のメンバーとして活躍中だ。
ここ数年は、女性ファンも増えてきているそう。それだけにロック座での公演は「女の子にも見てもらえるような公演にしたい」と意欲を見せる。が、その一方で不安も…。「朝は大丈夫なんですが、夜は弱いんです。いつも夜10時には寝るようにしていたから」。