SMAPは9位から圏外へ! 嵐が3年連続のトップ、2 位は三代目JSB …サウンドスキャンの2015 年音楽ソフト動向

「サウンドスキャンジャパン」(現ニールセン・SoundScan)が発表した2015年のオーディオ・ソフト動向。
売上動向のデータは、15年 (14年12月29日〜15年12月27日までの52週間。そのポイントは総売上金額は1982億円となり、前年比では99.8%で横ばいだった。アルバム、シングル別の売り上げ金額はシングルが僅かに増加した。さらにアナログレコードが伸長傾向に。いずれにしても洋楽の売り上げが減少するも邦楽は増加の一途を辿っている。因みに邦洋楽の比率は84:16。
2016011523270000.jpg
アーティスト別売上金額は嵐が60億7500万円で3年連続トップ(前年は54億5700万円だった)。2位には前年6位から三代目JSBが一気にランクアップした。また、ベストアルバムが100万セットを突破するビッグセールスとなり、4年に1回のワンダーランドツアーも成功させDREAMS COME TRUEが28億0500万円で5位、サザンオールスターズが23億9700万円で7位、さらにB’zも23億1600万円で8位になった。
因みに、前年、14億8700万円で9位だった話題のSMAPだが、今回は圏外に…。
2016011523270000.jpg
一方、メーカー別で見ると、総合1位はユニバーサルミュージックの15・2%で、前年まで6年連続で1位だったソニー・ミュージックレーベルズは13・0%で2位に後退。エイベックス・ミュージック・クリエイティヴは11・4%で3位。