これじゃ福岡市・高島市長もメンツ丸潰れ!? 世界遺産登録に続いて…TGCの北九州市開催裏事情!!

国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」が10月17日に北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で行われる。福岡県の小川洋知事や北九州市の北橋健治市長も大喜びで「地元の活性化にしたい」。
北九州市にとっては、先ごろ世界遺産に登録された「官営八幡製鐵所関連施設」に続くもので、TGCに5000万円と言う予算を組むなど活気だっている。
それにしても…何で北九州市での開催になったのか?本来だったら新幹線の博多駅のある福岡市だろう。北橋健治市長も「北九州と言ったら暗いイメージばかりがあった」と言うように、マトモに考えたら「あり得ないイベント」であったことは確かだ。
福岡市にとって北九州市はライバル。当然、福岡市としては納得できないかもしれない。おそらく一番、苦々しい思いをしているのは高島宗一郎・福岡市長だったりして…。そりゃそうだろう。地元の関係者は言う。
「高島市長は、元KBC九州朝日放送のアナウンサー。しかも元日テレの小林完吾アナとは親戚です。そういった意味でもプライドは高いし、目立つことが大好きですからね、それがTGCのような大きなイベントをよりによって北九州に持っていかれたことはショックなはずです。福岡市民に対してもメッツ丸つぶれだったと思いますよ」。 だが、関係者によると、TGCが福岡市ではなく北九州市での開催になった裏には高島市長の計算ミスがあったと言う声もある。そういったことから「もしかしたらTGCの北九州市開催には、その俳優が関係しているんじゃないか」と言った噂が…。一体どういうことか? 「実は、この俳優は中国の上海や北京で開催したTGCにも絡んでいたんです。その時に、日中国交正常化45周年と銘打って福岡市でファッションショーの開催を高島市長に打診したことがあったんです。しかも成功すれば福岡市と上海との友好都市終結…とも言っていました。この提案に福岡市長も大ノリだったんですが、企画に横ヤリが入って企画は潰れてしまったと言います。要は、高島市長の気持ちが揺らいでしまったんですけどね」 それから3年。「当時のことを思い出しました。確か、企画を持ち込んできた俳優は北九州市の出身でしたからね。TGCの北九州市開催にも何らかの関わりがあるんじゃないかと…」 北九州市の開催を詮索するあたりは、やはり屈辱だったということか?もっとも、今年、福岡市はAKB48の総選挙で盛り上がったから良かったのかもしれないが「全てに関して情報不足だった」(市関係者)ことは否めない。 因みに、北九州市でのTGC開催は恒例化するとも言われており、結局は福岡市の出る幕はなくなってしまったことになるが…。