世界遺産に続いて…福岡県と市も共催――北九州市で「東京ガールズコレクション」。山田優ら出席で記者会見

2015073016470000.jpg国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」が10月17日に北九州市小倉北区の西日本総合展示場新館で行われることになり30日、モデルの山田優らが出席して記者会見が行われた。福岡県や北九州市も共催する。
会見には小川洋知事や北橋健治市長も出席し、小川知事は「これをキッカケに北九州市の魅力を全国に発信したい」と言い、北橋市長も「北九州市といったら暗い事件のニュースが多かったがTGCの開催でイメージを一新したい」。
北九州市は、先ごろ「官営八幡製鐵所関連施設」が第39回ユネスコ世界遺産委員会で世界文化遺産に登録された。それに続くTGC開催だけに「イメージアップの大きな起爆剤になることは確か。文化都市として大きな飛躍にもなる」と実行委員会の佐藤竜司氏(写真)。
image3.jpg
今回の記者会見に先立って北九州市は、TGCの開催予算として5000万円を盛り込むなど、過去最大の予算(5873億円)を組んでいる。市関係者も「市のイメージアップを図る絶好のチャンス」と言う。実行委員会は約1万2000人の来場を見込んでいるというが、ネットでは「行きたい」という声が高まっている。
因みにTGCは今年10年目。九州での開催は宮崎県、沖縄県に続いて3ヵ所目だが、業界内では最大の有力候補だった福岡市ではなく、ノーマークだった北九州市での開催になったことに一様な驚きを見せている。「北九州市出身者の何らかの働きかけがあったんじゃないか」という声もある。余談だが、NHKの籾井会長の出身も北九州だとか…。
TGCは「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに開催している。そういった中で、09年からは「地域産業活性化プロジェクト」として地方都市・産業のプロモーションステージやブース展開の他、地方都市でのTGC開催を実施してきた。そして、今後は”TGCブランド”として全国で地方都市とのコラボレーションイベントを積極的に展開、地域経済活性化を図っていくと言う。北九州市での開催は、その第1弾だという。
2015073016470000.jpg前出の佐藤氏は「北九州市での開催は、今後のTGC開催のモデル・ケースとなっていく。そういった意味で北九州市としても、1回だけで終わらせるのではなく、来年以降も続けていきたいと思っている」と意欲を見せている。
ここ数年、人口の低下が深刻化しているのも事実。それだけに「センスのある町づくりが急務となっている。町の活性化と言う意味においても知名度の高いTGC開催は大きな意味がある」という声もあり、今後は「北九州をアジアの玄関口に」という狙いも見え隠れしている。
当日は山田優を始め今井華、玉城ティナなどモデルが多数出演する他、ライブの開催も予定している。