サスケとビッグダディのトークライブにテレンスリーの制止を押し 切り? 慶大生シンガーの桑名愛素佳が飛び 入り“激白”出演!!

ザ・グレート・サスケのトークライブが新宿ロフトプラスワンであった。で、ライブのメインはサスケとビッグダディとの対談「さらばさらばビッグダディ 五十路記念、男と女は○○○○だあ TVでは言えない話をするぞ!」だった。
FullSizeRender.jpg
結婚と離婚を繰り返し、挙句の果ては火事……。どんな話をするかと思ったら、子作りと栄養の話…つまんねェ〜。司会のネェーちゃん“iPad 尻アイドル ホンメイ”なんてのはミスキャストだった。とにかく、他にも大食い選手権でお馴染みの中村ゆうじ、世界最強のミュージシャン矢口壹琅、日本一ネットで顔写真が使われている大川竜弥、先祖が5000円札で有名なアクア新渡戸…いろいろと出てきたが、実にゆる〜いトークライブだった。
もっとも驚いたのは、単にライブの宣伝で井上昌己が来たことだった。
が、そんなトークライブを一気に盛り上げたのは、あの傭兵のテレンスリーに弄ばれたと訴える慶大生シンガーソングライターの桑名愛素佳(クワナ・アスカ)が飛び入り出演したことだった。
ウソかホントか写真誌「FRIDAY」で激白(告発)、そして最後にはヌードまで披露した。ここまでやったら“売名行為”と言われても仕方ないが、桑名は「すべて事実です」。テレンスリーも災難と言ってしまえばそうだろう。しかし、テレンスリーも傭兵だったはずなのに…危機意識の欠如だったことは否めない。それより、彼女を満足させることが出来なかったとも。
FullSizeRender.jpg
いずれにしても「弄ばれた」と言われちゃったのは辛い。しかも「18回やられちゃいました」。もはや言われたい放題。
今回のイベントに対してテレンスリーは、企画・主催者関係者にLINEで「今夜のイベントに俺を嵌めたバカ女が出演するそうですね。再三にわたり出演させないようお願いしたんだけどダメでした。(中略)バカ女に関係する連中とは一切共演も交際も不可なんで、今後はお付き合い出来なくなります」と送ってきた。
一方、桑名の事務所も負けちゃいない。
「(イベント出演について)テレンスリーから中止を求められ、警察には不当介入され、売名を疑われた桑名は一時、警察圧力により出演しない旨の念書を取られイベント出演も揺れましたが、警察側からも理解して頂き出演が決定しました」「今後、桑名は今回の経験を踏まえDV、ストーカー被害者を支援発表とCDリリースの予告をする」とコメントしていた。
もっとも桑名は「音楽のことを、ちゃんとやってくれたらよかったんです」。ってことは、単に目的は…?「電動歯ブラシで、一番敏感なところを…」。まるでAVだ。いやいや慶大は軟派だって言うけど…実感。それも学生証付きでの激白だった。
FullSizeRender.jpg
ただ、トークライブ出演者からは「テレンスリーも言いたいことがあるなら…。彼女も堂々と来てるんだから、ここで決着つければよかったのに」と言っていた。
いずれにしても、イザとなると男は弱い?桑名は最後に「テレンスリー出てこい」と笑顔で吠えていた。女は怖い!!