六本木にもご当地アイドル!? “あやまんJAPAN”が宿敵・サラリーマン軍団と対決イベント…その隠された狙い

「あやまんJAPAN vs リーマンマイク」というイベントが六本木のバーレスクTOKYOであった。
「書かなくてもいいから来てくれ」と言われ、行ったが…。
“あやまんJAPAN”は自称・六本木のご当地アイドルらしく、噂には聞いてはいたが、正直言ってアイドルには程遠い感じ。しかし、それでも「週刊プレイボーイ」なんかのグラビアに登場しているんだから、不況の出版業界は何でもアリってことだろうか。
一方の“リーマンマイク”は現役サラリーマン。こちらの論評はなし。…と言うより「あっ、そう…」って程度。
IMG_4200.jpg

IMG_4204.jpg
要は、この二組が“宿敵のステージ対決”というわけだが、確かに、どーでもいいようなイベントだった。ところが、何が楽しいのか、一般客が多数入り盛り上がっていたのにはビックリ。それどころか、マスコミも数社来ていて、女性記者が真剣に質問していたのには二度ビックリ。そもそも、質問をされている“あやまんJAPAN”は、冗談交じりに答えているんだから、そんなのロクな記事になるわけがない。ま、記者より一枚も二枚も上手ってことか。
IMG_4222.jpg
で、このイベントの主旨は何だったのかと言ったら、要は“あやまんJAPAN”のメンバー募集だった。果たして、応募者がいるのか?そっちの方が興味深い…