“歌姫・中森明菜” が4年振り新曲を極秘レコーディング!! カバー曲も合わせて3曲を集大成 アルバムに収録へ

明菜4年振り新曲――。ストレスによる免疫力低下で体調を崩し、入退院を繰り返し今なお復帰の目途が立っていない歌手・中森明菜(48)が新曲を都内のスタジオで極秘レコーディングしていたことが分かった。明菜の新曲は10年にデジタルシングルとして発売した「Crazy Love」以来4年ぶりとなる。今回は8月6日に発売する初のオールタイム・ベストアルバムのボーナストラックとして収録する。ただ、シングル発売については「明菜の体調に合わせて検討していきたい」とユニバーサルミュージックでは慎重に対応していく方針だ。
holiday-?????x?X?g?i?I???W?i???j.jpg

holiday-?????x?X?g?i???P?j.jpg
発売するアルバムは、デビューから現在までのシングル曲を集めた「オールタイム・ベスト ―オリジナル―」と、カバー曲ばかりを集めた「オールタイム・ベスト ―歌姫―」の2タイトルだが、新たにレコーディングした作品は、”オリジナル”に収録する新曲1作品と、”歌姫”に収録するカバー曲2作品の合わせて3作品。
新曲は「SWEET RAIN」。宇多田ヒカルの作品のアレンジャーとしても知られる河野圭が書き下ろした作品(作詞はシンガーソングライターのRyohei Matsufuji)で、ミディアムテンポのシンプルな作品。気張らないメロディーラインで明菜のボーカルを活かしている。「完全復帰とは言い難いが、明菜ボイスは以前と変わらない。作品的には100%のレコーディングが出来た」と制作担当者は満足げだった。
また、新曲と同時に、カバー曲として奥村チヨの名曲「恋の奴隷」と、日吉ミミのヒット曲「男と女のお話」も新たにレコーディングした。両曲とも明菜の選曲だそうで「カラオケでも好んで歌っている作品」だと言う。
レコーディングは6月の下旬までに極秘で行われた。「体調的には万全だったとは言えなかったが、32年の歌手活動の歴史をひも解いた集大成アルバムに収録するものだけに、明菜自身もレコーディングに対する気持ちが違っていたように思う」と関係者。
気になるのは新曲のプロモーションだが「今回はアルバムのボーナストラックに収録する」ことから、現時点で敢えてメディアに出ていくことは考えていないようだ。ただ「今後、体調を見ながらシングル発売をするかは検討していきたい」としており、将来の活動再開に含みを見せていた。
ただ、明菜の近況も含めアルバムにはDVDを初回特典として付ける。内容については「現在、編集中」だというが、ファンにとってはレアな映像商品になりそうだ。