“私たちW杯に便乗して結成しました…”3人組セクシーアイドル“おっPサンバ”CDデビュー!!

“便乗商法”というのは、便乗して売れなければ全く意味がない…。
だったら、彼女たちの場合は!?
フレッシュ・セクシー・アイドルの”おっPサンバ”がシングル「Wカップ!」で6月4日にデビューした。当日は東京・秋葉原のアソビットシティでCD発売の記念イベントも行うなど、一応、そのへんの地下アイドルとは一線を画した格好だった。
「W杯に便乗して結成しました」
「私たちがブラジルW杯を盛り上げていきます…」
威勢は良かった。
確かにブラジルで”サンバ”、W杯で”Wカップ”(一応、タイトルは「ワールド・カップ」と読むらしい)。
また、メンバーはセニョリータ高木(高木あずさ)、アマゾネス白川(白川未奈)、青山ムーチョ智美(青山智美)の3人組だが、3人ともバストがE、Fカップと言うことから”Wカップ”としているようだ。ま、芸がないと言ってしまえば芸も何もないのだが…。
ただ、元気はいい。特に真ん中のリーダー格だろう…高木あずさは全てを仕切る。スタッフも顔負けの仕切り屋に違いない。
image0011.jpg

「浅草サンバカーニバルや文化祭、飲み会、忘年会、新年会…で元気なお祭りユニットとして何でもやっていきます。で、最後はリオのカーニバル。私たちをブラジルに行かせて下さい」
因みにだが、このユニットの活動は期限付きだそうで、その活動期間は2年――2016年のブラジル五輪には解散するらしい。しかし、一言で2年と言っても長い。果たして2年間、このユニットが持つのか…正直言って難しいだろうなぁ…。もっとも、この世の中、何が起こるか分からないから「ダメ」とも言い切れないのだが…。
だいたい、ライブでは、ふなっしーと共演したい」なんて言うのだから。そんな,ゆるキャラに頼るようじゃ、この先…である。
ま、そうは言っても、タイムリーなアイドルであることは確か。衣装も3人で50万円もかかっていると言うから、やっている方は本気(マジ)である。とりあえずは成功を祈りたい…。