人気AVギャルの紗倉まな&小島みなみが新ユニット”乙女フラペチーノ”結成し歌手デビュー!!

image0001.jpg
明石家さんまと噂になった人気AVギャルの紗倉まなと小島みなみがユニット”乙女フラペチーノ”を結成、4月2日にシングル「後から前から」で歌手デビューする。
言うまでもない。デビュー曲の「後から前から」は、畑中葉子の歌った同名曲のカバー。もっと詳しく言うと、80年ににっかつロマンポルノで公開された畑中主演の映画の主題歌である。当時、ビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から発売された。思い返せば、「カナダからの手紙」が大ヒットした畑中が「にっかつロマンポルノ」でデビュー…と、それはそれは大いに話題になったものだが、それから四半世紀経ったら、何と今度は、その作品をAVギャルがカバーしたと言うわけだ。
「曲を最初に貰った時、私は初めて聴いた曲だったんですが、母が知っていて『懐かしい曲をセレクトしたのね』って言われました」
何でも、お母さんが「こう、歌うのよ!!」とか何とか言って歌のレッスンをしたらしい…。
いずれにしても、CDが低迷する中、それでも音楽業界は”80年代ブーム”。それなりの狙いはあるのかもしれないが、”乙女フラペチーノ”版はクラブ調のアレンジ。歌はボーカロイドで原曲よりノリのある曲に仕上がっている。ま、今風と言ったら今風なのかもしれない。
因みに、振り付けは「AV嬢というイメージを出さず、楽曲を優先した振り付けにした」とか。
ところで、新曲の発売日は4月2日。わざわざ消費税が8%になってから出さなくとも…と思うのだが。紗倉は「いつも定期を買っているので、消費税の上がる前に新宿駅で並んで買いました。定期なんて並んで買ったことがなかったのでビックリしたいました…」。紗倉が定期?ちょっと理解出来ない感じもしたが…ま、消費税が上がる前に新宿駅で定期を買ったらしい。
image0003.jpgいずれにしても、CDの他に、写真集の発売も予定していると言う。「これまでは18禁の世界で活躍する私たちでしたが、CDデビューして…今度は私たちのAVを観たことのない人にも知ってもらう機会が増えることが嬉しい」そうだ。

※秋葉原・新曲発売イベント
4月5日(17時)=ラムタラMEDIA WORLD AKIBA
4月6日(18時)=新星堂 秋葉原オフィス イベント会場