日本ゴールド・ディスク大賞…“アーティスト・オブ・ザ・イヤー”邦楽は3年連続でAKB48!! 洋楽はONE DIRECTION

一般社団法人日本レコード協会は、恒例の「第28 回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストを決定・発表した。
受賞作品・アーティストは、59 作品・アーティスト。
そういった中で2013 年に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は…。邦楽部門は邦楽部門では史上初でAKB48 が3年連続受賞となった。一方、洋楽部門についてはONE DIRECTIONが初受賞した。
また「ベスト・エイジアン・アーティスト」には初受賞で東方神起。
※ゴールドディスク大賞専用HP」http://www.golddisc.jp/

日本ゴールドディスク大賞及び象期間=日本ゴールドディスク大賞は、日本レコード協会が1987 年に制定、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰している。選考基準は「CD、音楽ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」とし、その売上データは公認会計士によって厳正に確認されいる。
今回は2012 年11 月1 日~2013 年12 月31 日の期間の売上実績に基づいて各賞を授与する。

【アーティスト・オブ・ザ・イヤー=邦楽部門】
AKB48
<対象期間の売上実績>
■アルバム: 306,829 枚
■シングル: 9,918,479 枚
■音楽ビデオ:750,771 枚
■音楽配信:4,039,696 ダウンロード
【受賞コメント】
この度、日本ゴールドディスク大賞の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を邦楽では史上初の3年連続で受賞させていただきました。本当にみなさん、ありがとうございます。
売り上げや記録にこだわって活動してきた訳ではありませんが、沢山の方に自分たちの曲を聴いていただき、手に取っていただき、愛していただいているのかなと思うと、とても嬉しくて光栄です。これからもAKB48 は応援して下さるみなさんに元気や笑顔を届けられる活動を続けていきたいと思っています。一生懸命、日々精進しますので、2014 年もAKB48 の応援をどうぞよろしくお願いいたします。
※AKB48 の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル(5 曲独占)」は史上初3年連続の同時受賞の快挙、このほかにも「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」も受賞し、9冠の栄誉に輝いた。

【アーティスト・オブ・ザ・イヤー=洋楽部門】
ONE DIRECTION
<対象期間の売上実績>
■アルバム: 672,701 枚
■シングル: 45,398 枚
■音楽ビデオ: 49,455 枚
■音楽配信:1,399,354 ダウンロード
【受賞コメント】
去年は2 度も日本に行くことができました。1 度は僕たち全員初めての日本でした。そして2 度目は昨年通じて130 公演以上行ってきたツアーのファイナルを日本で迎えることができました。日本のファンのみんなに会うことができて、そして、こうして「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」や「アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞することができて、本当に最高の1 年になりました。僕たちにとって日本は大好きな国の1 つになりました。そして、日本のファンは世界1 です。アイシテマス!
※昨年「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、世界中で大旋風を巻き起こしていONE DIRECTION は「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」初受賞の栄冠に加え、セカンドアルバム「テイク・ミー・ホーム」で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト3アルバム」を受賞。

【ベスト・エイジアン・アーティスト】
東方神起
※「TIME」が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト3アルバム」を受賞したほか、「Catch Me If you wanna」で「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」さらに「東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~」で「ベスト・ミュージック・ビデオ」の5冠を獲得。
【受賞コメント】
<ユンホ>
今回僕たち東方神起のアルバム「TIME」が、ゴールドディスク大賞を受賞したということでとてもうれしいです!これも、応援していただいている皆さんのおかげです、本当にありがとうございます!もっともっと頑張っていきます!
<チャンミン>
素敵な賞をいただくことができ、応援していただいた皆さんにとても感謝しています!ありがとうございます!2013 年は、僕たちの夢がたくさん叶ったとても素敵な1 年でした。2014 年も、もっと素敵な1 年になるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

【ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー=邦楽】
クリス・ハート
※J-POP カバーアルバム『Heart Song』では「企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー」も受賞。
【受賞コメント】
このたびは「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」と「企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー」をいただき、ありがとうございました。応援してくれたみんな、そしてスタッフのお蔭でこのアルバム「Heart Song」ができましたが、このアルバムは僕が影響された曲や思い出の曲が全部入っていて、本当に大事にしているアルバムです。何よりもいろんな出会いがあってみんなと一緒にこの素敵な曲をシェア出来て、とても嬉しく思っています。これからもオリジナル曲もカバー曲も一生懸命頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

【アルバム・オブ・ザ・イヤー=邦楽】
「LOVE」嵐
※嵐の12 枚目のオリジナル・アルバム「LOVE」が受賞。今回嵐は、「ベスト・ミュージック・ビデオ」も「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」「アラフェス」の2作品で受賞。
【受賞コメント】
僕ら嵐のアルバム「LOVE」が、2013 年のアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞できましたのは、まさしく多くのファンの方々の“LOVE”のおかげです。いつも応援していただき、ありがとうございます。音楽活動を通じ、より良いパフォーマンスで、さらに大きな“LOVE”をお返しできるよう頑張りますので、これからも応援をよろしくお願いいたします。

【シングル・オブ・ザ・イヤー】
「さよならクロール」AKB48
※AKB48 は、昨年唯一の2ミリオン認定作品「さよならクロール」で4年連続「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞。また、3年連続で「ベスト5シングル」を独占した。
【受賞コメント】
4年連続の「シングル・オブ・ザ・イヤー」を『さよならクロール』で受賞させていただきました。そして3年連続の「ベスト5シングル」独占ということで、本当に嬉しいです。ここまでやってこられたのはファンの皆さんに沢山聴いていただいたおかげであり、老若男女問わず沢山の方に愛されるようになったなということを、少しづつですけれども実感しています。みなさんの笑顔が見たくて日々活動している私たちにとって、(この受賞は)本当に嬉しいです。

【ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード=邦楽】
「恋するフォーチュンクッキー」AKB48
※「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」はYouTube でも大反響を起こした「恋するフォーチュンクッキー」が「ベスト5シングル」とダブル受賞。
【受賞コメント】
配信部門トップの「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を『恋するフォーチュンクッキー』で受賞させていただきました。配信部門では(AKB48 は)初めての受賞ですが、この曲は沢山の方に聴いていただいて、動画サイトでは沢山の方が踊ってくださって、本当に沢山の方に愛していただけてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

Comments are closed.