理解出来ない事ばかり――遺書もない動機も分からない藤圭子さんの飛び降り自殺…最後は恩師を「憎んでいた」情報まで。

歌手・藤圭子さんの飛び降り自殺は、冷静に見ると実に不可解なことが多い。
飛び降りたアトラスタワー西新宿の13階。この部屋は藤さんが6年ぐらい前から同居していたと言う30代後半の男性Mさんの所有だと言う。で、藤さんが飛び降りたと言う22日の早朝も一緒に部屋にいた。Mさんは、藤さんが飛び降りたことについて(居る)部屋が違っていたとか、寝ていた…
とか言っているようだが、果たして…。
だいたい理解出来ないのは警視庁新宿署の捜査である。確かに、現場の状況から見たら飛び降り自殺だっただろう。が、しかし、大した捜査もしないで「自殺」と判断してしまっていることが「?」である。本当に事件性がないのか? だったら遺書は?同機は?藤さんの飛び降り自殺は疑問ばかりである。結局はウヤムヤ…。警察は「薬物反応はなかった」なんて、そこだけは強調しているが、そういったことではないだろう…。人一人が亡くなったのである。
しかも、藤さんが、いつから日本にいたのか?宇多田照實氏と離婚したのが07年である。その後、照實さんとは連絡を取っていないと言われる。一時は、米国の病院で入院しているようだ…なんて情報も届いた。しかし、何をしていたのかわからない。
そもそも「藤さんは1人では何も出来ない」と言われてきた。そう考えると、誰かが生活面でサポートしていたとしか考えられない。そこに、今回の30代の男性Mさんが出てきた。約6年前から…というだけに、一致するのだが2人の関係は不明である。
とにかく疑問だらけの飛び下り自殺だが、理解出来ないと言えば、きょう(23日)のスポーツニッポンの記事である。
3年前に藤さんから「相談したいことがある」と電話があり、記者だか誰だかが西新宿で会って相談を受けた…なるほど、他紙の記者より藤さんと親交があったというアピールするのはいい。記者として、それだけ信頼されていたと言うことになるし…。しかし、その記事の内容には「ちょっと待て」である。
藤さんは恩師で作詞家・石坂まさをさんを憎んでいた――と書いているのである。しかも、記者はワイドショーでも言っていた。それはないだろう…。
石坂さんと藤さんの確執は、以前から言われていたし当然、芸能記者の間でも知られていた話だった。それを、いかにも「新しい話」のように書くこと自体に疑問を感じるし、何よりも石坂さんは、長い闘病生活の末、今年3月に亡くなっている。しかも、きょう23日には「偲ぶ会」も行われる。新聞社、あるいは記者と石坂さんとの間に何があるのかは分からないが、ここで書くことじゃない。だいたい、何があっても、亡くなってしまったら、それはチャラだろう。それを、亡くなってもなお蒸し返そうと言うのは理解出来ない。しかも、3年も前に藤さんの言った言葉である。そんなこと今さら書かれるのは藤さんにとっても本望ではないはずだ。
それにしても…藤さんの遺体は、きょう目黒の碑文谷会館に運ばれた。しかし、対応するのは葬儀屋の担当者と言う有様だった。「宇多田ヒカルさんはお越しになりません」。身内で見守る人は誰もいない…。寂し過ぎる最期だった。