富士山本八合目で2ヶ月半耐えられる!? 俳優志すだいすけ&松下幸司の奮闘劇!! …大評判の世界文化遺産記念限定グッズとは!?

__.jpg 今年は富士山が世界文化遺産に登録された”元年”。まさに記念すべき年である。その富士山――須走口本八合目(富士吉田口合流点)に、元モデルで現在は俳優を志す、だいすけ(左写真の奥)と松下幸司(左写真の手前)の2人が山小屋の生活を実体験するために滞在している。登山客から見たら、要するに”山小屋の番頭さん”である。
世界文化遺産に登録された富士山と言うのはどんなところか? 山小屋ではどんな生活をしているのか? 登山客の意識は? ま、色々あるはずである。その色々をだいすけと幸司が自らの目と耳、身体で実体験しようというもの。
山小屋では、基本的には「アルバイト」という立場。
しかし、これが想像以上に過酷だった。
2人は7月1日の山開きに合わせ、6月30日に自らの足で登ったが…本八合目に着くや「高山病」なんて言っている暇もなく働く運命に。世界文化遺産に登録されたことから昼間、深夜を問わず24時間、登山者が山小屋に入ってくる。
「ラーメン食べたいなぁ」
「いや、俺は、やっぱり消化のよさそうなうどんかな…」
「牛丼がいいなぁ」
登山者からの注文は容赦なかった。
__.jpg
ここで本八合目で働くだいすけと松下幸司を紹介しておくと、2人は同い年。共に31歳である。
だいすけ(上の横写真・左手前)は神奈川県横浜市出身で、これまでにMen’s non-noのモデルやTBCや花王の「サクセス」、NTTドコモ「SH携帯」などのCMの他、「こちらササキ研究所」(テレビ東京)にも出演。舞台「シャバダバ」「THE LAST MITTYON」「幕末ジャンクション」、それに昨夏と今春に上演した舞台「旅立ち〜足寄より〜」などに出演した。
一方の松下幸司(上の横写真・右奥)は和歌山県出身で、01年に「men’s egg」のモデルとしてデビュー。その後、フジテレビ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(フジテレビ)に正雀漣役でレギュラー出演。他に「ギラギラ」(テレビ朝日)、映画「くれないの盃」「タナトス」。そして、だいすけと同様に舞台「旅立ち〜足寄より〜」に出演した。
ハッキリ言って、2人とも現代っ子で、何不自由なく生活してきただけに、いきなり富士山――それも本八合目に来て、右も左も分からない山小屋生活というのには面喰ったようだ。
「昼間は登山客を相手にして、山小屋では寝床の掃除や片づけ。夜は、200人以上の登山客の食事を用意して9時には消灯。その後、深夜の1時には起きて売店や頂上に行く登山者の対応…いきなり睡眠不足に陥りました」
だいすけは、調理師の免許を取得していて、下界にいる頃は横浜のフランス料理店やレストランでの料理経験もあるだけに、富士山では台所で料理作りも担当する。もっとも、富士山である、マトモな料理を出せるわけない。所詮はラーメンやうどん、牛丼のようなものだから簡単だろう。意外に出るのはアイドルの篠崎愛率いるAeLL.も「オイシイ!!」と絶賛していたトン汁か。本八合目で食べるトン汁は最高の味のようだ。
__.jpg
ところで、意外に少ないのが世界文化遺産に登録されての”記念グッズ”だ。五合目でも一般的な富士山グッズはあるが限定品は見当たらない。そんな中、本八合目には、登録を記念した富士山グッズが揃っていると評判だ。
特に、評判なのが「絵馬」(上の写真=1000円)。
7日の七夕に登山してきたAeLL.のメンバーも、絵馬に思い思いの願い事を書いて頂上の本宮などに飾りかけてきた(下の写真)。富士山で「絵馬」というのもこれまでにない企画だけに見ても気づかない登山客は残念なことをしている…
__.jpg
さらにキーホルダー(1000円)、iphone5用のカバー(3500円)、今後、限定でパーカーやトレーナーも販売されるという。
また焼印も「世界文化遺産登録記念」は、この本八合目・江戸屋しかないものである。
いずれにしても、2人は9月中旬まで山小屋生活を送ることになっている。テレビ朝日系バラエティ「いきなり!黄金伝説」では、「芸能人節約バトル1ヶ月1万円生活」に初チャレンジしたAKB48の河西智美が開始からわずか5日間でリタイアしたケースなどもあった…が、いくら、だいすけと幸司が男でも約2ヵ月半間――果たして最後まで務め上げることが出来るのかどうかが注目だ。
※だいすけ&幸司の奮闘記ブログ=http://046.holidayblog.jp/
__.jpg
※初めての登山が今回の「富士山」というAeLL. 本八合目・江戸屋には富士山の世界文化遺産登録を記念したAeLL.のスペシャル限定グッズ(ペナントと携帯ストラップ)も販売されている。そしてメンバーが着ているパーカーも来週以降に販売を予定しているそうだ。また、だいすけと松下の奮闘記は「週刊プレイボーイ」でも連載されているという。