【サイバッチ】インチキITライターの安芸智夫の卑劣な態度を暴く(その6)

【サイバッチ】インチキITライターの安芸智夫の卑劣な態度を暴く(その6)
インチキITライターの安芸智夫との決着はまだついていない。継続して戦っていく! とは言っても、何故か、ここのところ、【プチバッチ】では、亀田親子を徹底的に、いや気が狂ったように追及している。
しかも、バカの一つ覚えじゃあるまいし
「【プチバッチ!】はやるときはやりますよ」。
「週明け月曜日に『週刊ポスト』と『週刊現代』が書くでしょうがすでに入稿しているはず。本誌の後追いもパクリもできないはず。今回もブッチギリです」。
「間違いなくマスコミをぶっちぎり。またまたまた、後追い、パクリが即出することになります」。
「ブレーキの壊れた暴走機関車は今日も爆走中。タブーだらけのマスコミを尻目にスクープを連発」。
なんて威勢良く書きたてている。安芸は“機関車トーマス”にでもなった気分か!? だいたい、スポーツ紙を批判しているけど、情報のコメントでは「スポーツ紙の記者」なんて書いている。蛆虫18号のネタも入ってはいるけど、だから何だって話だ。
「【サイバッチ】や【プチバッチ】の協力者には、意外と週刊新潮のライターや記者が多いんですよ。もっとも、ネタをメールを送ると、送ったまま掲載されます」。
まあ、安芸は自称、プロのライターだからな。それにしたって、最近のネタは亀田親子ばかり。やる時はやるのは分かったが、どうにも面白くない。
TBSも、年末の“亀田祭り”を撤退した。一部には、「プライド」から手を引いたフジテレビが、亀田親子獲りに動いているらしいけど、【プチバッチ】のように、いつまでも終わったことの顛末ネタではつまらない。
まあ、僕は、業界内でギャラリーが多い【サイバッチ】対【ヘッドロック】の戦いを継続していく。この一件は、まだまだ終わっていない。こちらは、亀田以上の格闘技になるかもしれませんよ!!
…と思ったけど、最近、【サイバッチ】が実に静かである。クマも死んだフリするご時世だから、まだ何とも言えないが、安芸智夫に関しては着々と調査は進んでいる。そのうち、古い写真じゃなく、近影を載せたいとも思っている。

※写真=しずちゃんではありません!! 安芸智夫です!

10022442.jpg