相澤秀禎会長は初心に戻りサンミュージックに“アイドル”と“ミュージック”を取り戻したかった!? “さんみゅ〜”初単独ライブ!!

サンミュージックグループの相澤秀禎会長(23日逝去=享年83歳)が”最後”に手がけた8人組アイドル・グループ――さんみゅ〜が東京・半蔵門のTOKYO FM HALLで初の単独ライブを行った。サンミュージック46年の歴の中で初めて手掛けるアイドル・グループ。桜田淳子、香坂みゆき、太川陽介、松田聖子、早見優、岡田有希子、酒井法子、桜井幸子、田村英里子、安達祐実、ベッキー…サンミュージックからは時代と共にアイドルが産まれてきた。やはり相澤会長は、もう一度、サンミュージックに”アイドル”と”ミュージック”を取り戻したかったのだろう…。ある意味では相澤会長の意地だったのかもしれない。さんみゅ〜が売れるかどうかは、彼女たちの頑張り次第だろうが、彼女たちは曰く
__.jpg
「(相澤)会長さんは、私たちのことをいつも気にかけてくれて、今日のワンマンライブをすごく楽しみにしてくださっていた…。見てもらえなくてすごく悲しい。でも、いつまでも泣いていても喜んでくれないと思うので会長さんに届くよう、明るく元気にさわやかに歌いたい」
__.jpg
「会長さんは『全国の方に愛されるアイドルになってください』とおっしゃっていた。 (年末には)そうなったよと報告出来るように頑張る。レコ大の新人賞を狙います」
どうせなら「紅白」も狙ってもらいたいのだが…。