U2に続け――。レトロ・ブームを巻き起こすか…アイルランド出身の4人組ティーン・バンド“ザ・ストライプス”

アイルランド出身の4人組ティーン・エイジR&Bバンド、ザ・ストライプスが来週22日に緊急来日する。日本デビュー・シングル「ブルー・カラー・ジェーン」を引っ提げての初来日。平均年齢16歳だが60年代のR&Bのカバーを披露する異色のバンドとして注目を集めている。来日中はライブ・イベントを行った他、テレビ朝日「ミュージックステーション」にも出演する。それにしても、アイルランドと言ったらU2やエンヤなどがいる…。今後、アイルランド出身の彼らが日本でレトロ・ブームを巻き起こすか注目されるところだ――。
 「彼らは僕が65年かけて蓄積したR&B(リズム&ブルース)の知識を16歳にして持っているんだよ。この子たちはスターだ。まるでザ・ビートルズのよう」。
 ザ・ストライプスのライブを観たエルトン・ジョンは、自らマネジメントを買って出たという。
彼らに注目しているのは他にもポール・ウェラー、マイルス・ケイン、ジェフ・ベックら続々と名乗りを上げている。
彼らは、両親のLPコレクションを通じて、同世代の人々が普通なら話題にしないようなドクター・フィールグッドやデイヴ・エドモンズ、ハウリン・ウルフ、ボ・ディドリー、マディ・ウォーターズ、ベビー・フェイス・リロイことリロイ・フォスターと言ったアーティストのファンになった。
「最初はスティッフ・レコーズの作品や、ザ・ローリング・ストーンズとか、60年代のバンドを聴くところから始めたんだ。それから50年代、そして40年代、30年代、20年代…って、どんどん遡っていった感じだったんだよね」と、15歳で最年少のファレリー・ロス(ボーカル)は言う。
英国で60年以上の歴史を誇る音楽誌「NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)」が選ぶ「今一番見たいバンド」では第1位に選ばれるなど、新人バンドながらもUKで注目度を一気に高めている。
そのザ・ストライプスが前述した通り4月22日に初来日、24日には東京・渋谷のクアトロで日本でのライブを初披露する。さらに26日にはテレビ朝日系の人気音楽番組「ミュージックステーション」にも出演することが急きょ決定した。
今回の初来日についてメンバーは「僕たちは単にカバーを演奏するわけじゃないんだ。再解釈して、改めてみんなに聴いてもらいたんだよ」と意欲を語っている。
holiday-?P?X?g???C?u?X.jpg

【ザ・ストライプス】
アイルランド出身、2011年に結成された平均年齢15歳、ボーカルのファレリー・ロス、ベーシストのピート・オハンロン、ドラマーのエヴァン・ウォルシュ、ギタリストのジョシュ・マクローリーの4ピースのR&Bバンド。18か月間、地元アイルランド、UK、ヨーロッパでのライブハウスやフェスティバルで精力的にライブ活動を実施。ヤードバーズ、、ザ・ローリング・ストーンズらから影響を受けている。また、ジェフ・ベック、ポール・ウェラー、エルトン・ジョンらから も大絶賛を浴びている注目のバンド。