観て損はなし…舞台「旅立ち〜足寄より〜」の初日――名古屋公演 はスタンディングオベーションの拍手と歓声…

image0018.jpgここ最近の【ヘッドロック】は、明けても暮れても舞台「旅立ち〜足寄より〜」である。いい加減にせい!! なんていう声も出来てきそうだが、ハッキリ言って「宣伝」なんだから仕方がない。とにかく、観てもらえば分かるが全く手抜きをしなかっただけに予算がかかる、かかる。
ま、宣伝と言ってもくど過ぎると逆効果と言うこともあるのだが…
それはさておき、初日の19日――愛知・名古屋市芸術創造センター公演は無事に終わった。
本来、名古屋と言うのは難しい場所なんだが、今回は、敢えて初日を名古屋に選んだ。名古屋を成功させれば全国展開が出来ると踏んでいたからだ。
image0017.jpg

image0016.jpg

で、その名古屋公演――。ハッキリ言って最高の盛り上がりとなった。夜の部なんて、拍手と歓声の嵐。最後にはスタンディングオベーションとなった。年配者が多いだけに会場は異様な雰囲気になった。出演者は「鳥肌が立った…」なんて言っていたし。
その舞台の見所は、内容ももちろんあるが主演の三浦祐太朗がギターの弾き語りで松山千春の名曲、ヒット曲「旅立ち」「足寄より」「オホーツクの海」「銀の雨」「初恋」…とにかく5曲を”2フィンガー” (千春の独特の弾き方でアルペジオの奏法)で歌い上げていることだろうか。他にも、風の名曲「22才の別れ」も…。とにかく、舞台でもライブ感あふれた演出となっている。
image0019.jpg
脚本はテレビ朝日「臨場」「遺留捜査」など多数のテレビドラマや映画(映画版「臨場」など)を手がけてきた尾西兼一氏が初めて舞台劇を担当。さらにテレビドラマの巨匠・赤羽博氏が初めて舞台演出にチャレンジした。映像ドラマと生の舞台とのコラボレーションになっているのもこれまでにない手法。舞台好きの人からは違和感があるようだが、舞台を観慣れていない人、初めて舞台を観る人には非常に分かりやすく、飽きさせない展開になっているはずだ。休憩もないのに2時間がアッという間に過ぎてしまうだろう。
ま、観て損はないはず。ここは騙されたと思って観てもらいたい…。
image0015.jpg
今後の公演日程
2月23日  大阪・大阪サンケイホールブリーゼ
2月26日  福岡・福岡ももちパレス
3月15日  静岡・静岡市民文化会館(中ホール)
3月22〜24日 東京・東京グローブ座
3月29日  宮城・仙台楽楽楽(ららら)ホール
4月2、3日 北海道・札幌 道新ホール

Comments are closed.