三浦祐太朗――松山千春の“デビュー記念日”に金子昇をゲストに「オールナイトニッポン」初挑戦!! 

舞台「旅立ち~足寄より~」でフォークシンガーの松山千春役を演じる歌手の三浦祐太朗が、千春のデビュー日である1月25日にニッポン放送の看板番組「オールナイトニッポンGOLD」(22時 舞台~23時50分)に初チャレンジすることになった。祐太朗はこれまで数々のラジオ番組を経験してきたが、単独で2時間もの生放送を担当するのは初めて。「緊張していますが、リスナーに生の三浦祐太朗を届けられるように頑張りたい」と意欲を見せている。
舞台「旅立ち~足寄より~」は、フォークシンガー松山千春(57)の自伝的小説「足寄より」を舞台化したもの。昨夏の東京公演に続いて、今回は内容も一新して全国を回ることは、何回も書いてきたからここでは割愛するとして、今回の「オールナイトニッポン」である。
千春にとっての恩師である育ての親である北海道のSTVラジオの竹田健二ディレクター(故人)が「千春の個性を活かした番組で全国区のアーティストに育て上げたい」と拘った番組だった。その結果、千春はデビューした年(77年)の秋から同番組のパーソナリティーを担当した(79年まで)。そういったことから今回、舞台で千春役を演じる祐太朗君の「オールナイト~」出演が実現した。
「千春さんのデビュー日に、こんなに大きな番組を任せて頂いて光栄ですが責任も重大。とにかく千春さんに少しでも近づけるように頑張るだけです」と祐太朗は言うが、ニッポン放送の藤原悠佑ディレクターは「極寒の田舎町・北海道の足寄町で貧乏な暮らしをしてきた松山千春さんとは対照的な幼少期を過ごしてきた祐太朗さんの本音を語ってもらえれば…」と期待を込めていた。
番組では、今回の舞台で竹田ディレクター役に扮する俳優・金子昇もゲストに迎え舞台への意気込みなどを語る。金子は「竹田ディレクターが千春を愛したように、僕も祐太朗君を愛していきたい。とにかく最高の舞台になるように頑張りたい」と語っていた。
因みに、祐太朗は今回の舞台公演に合わせ2月20日に初のソロ・アルバム「AND  YOU」も発売する。千春のデビュー曲「旅立ち」や「季節の中で」を収録している。番組では、舞台公演に際して千春からプレゼントされたギター(マーチンのD28)で弾き語りも予定しているという。

なお、同番組では、パーソナリティの三浦祐太朗へのメッセージ、質問などの他、「今、追いかけている夢」(あなたは、どんな街に住み、どんな夢を追いかけているか?)についての事前メールを受け付ける。メールは番組に反映するという。
メールアドレス=tabidache@allnightnippon.com
(住所、氏名、年齢の他、連絡先の電話番号も明記しておいてください)