3ヶ月間時限契約社員…“反原発タレント”山本太郎がソーラーリフォームに入社!! “再生可能エネルギー”ならぬ“再生可能社員”に!?

___ed.jpg“反原発活動タレント”の急先鋒・山本太郎が、再生可能エネルギーの普及に力を入れる?「ソーラーリフォーム社」(本社・神奈川県横浜市/清水勇介社長)に”電撃入社”した。反原発運動で東京電力を敵に回したことから「芸能活動が激減した」という山本。それでも、信念を曲げずに反原発運動を続けたことから、ついに芸能界から干される運命に…。
しかし、ここにきて、大阪市の橋下徹市長なんかも「反原発」を叫び始めていることから、何となく機運が…最近は再び山本にも注目が集まるようになってきた。これも機運か?タイミングか…?これまで「亀井静香」状態になっていた山本に白羽の矢を立てたのが「ソーラーリフォーム社」だったというわけ。それにしても…正直言って目の付け所がいい。
聞くところによれば、今や太陽光発電設備は注目の的だというじゃないか。そんな時に、山本に目を付けたのは実に頭がいい。と言うのも、普通なら「山本をCMに起用する」のだが、ソーラーリフォーム社は、山本を「契約社員」として入社させたことだ。清水勇介社長は「CMには使いません」と言っていたが、よくよく考えてみたら社員だったら何に使おうと「業務」である。内情は分からないが、どう使っても契約金はいらないし、まして出演料も気にしなくて済む。清水社長は「ウチは宣伝費はほとんどない」と言っていたが、確かに宣伝費はかからない。彼は”再生可能エネルギー”ならぬ”再生可能契約社員”ということになる。いずれにしても、現時点では5000億円程度の産業らしいが、10年後には1兆円産業にまで成長するという試算が出ているらしい…。とにかく成長産業の1つであることは間違いない。
それにしても、今までやったことがあったのかどうかは知らないが、山本の入社ってことで大ゲサに「入社式」なんてやっていたが、東京・銀座王子ビルの「会場費」はかかるかもしれないが、テレビ局や新聞社、週刊誌、オマケに【ギョウカイヘッドロック】まで…。とにかく取材陣が殺到した。こりゃ、宣伝費に換算したら莫大!! それこそ1億円は下らないかもしれないかもしれない。
__.jpg

「ソーラーリフォーム社」のミッションとやらは「再生可能エネルギーとしてのソーラーシステムを最も安い価格で販売し、日本全国に普及させる」ことなんだとか。その安さは、利益を最大限カットした安い価格で販売するというが、ソーラーの品揃いは豊富で、しかも「安心の保護制度」とかで、工事に対する品質保証期間を20年間に設定していることだという。清水社長によると「通常より35〜40%は安く提供できる」なんて豪語していた。
しかし、いくら利益を抑えるために「ネット販売を試みる」なんて言っているが、利益を抑えると言うことは、営業担当者は大変だろう。きっと人間扱いされないかも…。しかも、利益がないということは、つまり給料も低いと言うことになる。そう考えたら、入社後の山本には過酷な毎日が待っているかも!?
ところが、山本によれば「契約」は3か月間なんだとか。それじゃ、単なる「見習い期間」だろう。ま、会社にとっては3か月間でも「宣伝」になってくれたら、それだけで「OK」ということなんだろうけど、その3か月間でさえ「舞台出演があるので、殆ど出社できないかも」だって。この就職難の時代に、何という「殿様契約社員」なのだろうか!? 結局は「人寄せパンダ」って話になる。
「いやいや、スポーツ選手だって同じでしょ。企業が僕の活動をバックアップしてくれているという意味合いもあるんです」(山本太郎)。
___ed.jpg

いずれにしても、山本を採用することにどんな事情はあろうとも、ソーラー社はれっきとした民間企業である。あれこれ批判されることはない。しかも、山本も妙に真面目だった。
「俳優を21年間やってきたが、今後を考えた場合、仕事の広がりは難しい。しかし、それよりも大切なことがあるってことなんです」
「言うべきことを言わずに、自分を押し殺して生きていくのは今の時代には合わない」
「とにかく、自分が生きのびるために、今、何をすべきなのか。この地震大国の日本の中で何をすべきなのか…。役者である前に一人の人間、日本人として何をすべきかを考えていきたいと思っている。この国においては、いま生きることさえ担保されていない」
いやいや、もはや役者というより本格的な活動家である。山本によれば、現在の生活の中で97%が「反原発運動」と言うほど。ただ「生きていくためには、まずは生活のために仕事もしなければならない」というわけだ。「理想」と「現実」というところか!? 「実は、入社式なんて初めて。緊張しました。だいたいネクタイなんてしたこともなかったですからね。仕事?ま、芸能界でやってこれたんですからね。自分なりに頑張りたいと思っています」。
因みに、初任給は幾らもらえるか分からないが「母親に仕送りしたい」だって。
120418_183624_ed.jpg

山本の「ソーラーリフォーム社」への就職に果たして天敵・東京電力はどう思うか!?