グリコが17店目のアンテナショップを東京駅一番街にオープン!! アーモンドチョコ製造マシン導入で「作り立て」販売!!

「作りたてのお菓子が買えるニュースポット」をキャッチフレーズに、江崎グリコが「ぐりこ・やKitchen」をJR東京駅八重洲口の一番街「東京おかしランド」に、あした(14日)オープンするという。
この「ぐりこ・や」というのは、ショップ限定のグリコ・オリジナル商品を販売している、いわゆるアンテナショップである。東京の他、大阪や福岡など全国に16店舗の「ぐりこ・や」がある。有名なところでは、東京アクアラインの”海ほたる”なんかにもあって評判も上々らしい。特に、千葉県知事が森田健作になってからは、アクアラインの通行料が下がったことから観光客も増え、売上げも倍増していると言う。今度、千葉・木更津には日本一のアウトレットもオープンしたことから、ますますウハウハだ。
そういった中でオープンするのが東京駅一番街の「ぐりこ・やKitchen」。グリコにとっては全国で17店目のアンテナショップになる。この場所は、東京ステーション開発が運営する商業施設。これまでは、各テレビ局のキャラクターグッズの店が立ち並んでいていたが、そこに、今度はお菓子をテーマにした「東京おかしランド」が割り込むことになったというわけだ。
holiday-・・・・・・・・_KITCHEN・・.jpg

今回の「ぐりこ・やKitchen」の他に「森永のおかしなおかし屋さん」(森永製菓)や「Calbee+」(カルビー)なんかも加わっている。森永製菓にとっては、初めてのアンテナショップとなる。もっとも、森永やカルビーは上から目線で詳しいことは教えてもらえなかったが、グリコは、さすがに商売上手。「ぐりこ・や」担当のマーケティング部の山崎雅夫さんが、それはそれは熱心に教えてくれた。
で、山崎さんの説明によれば、新たにオープンする「ぐりこ・やKitchen」では、初めてお菓子を作る設備を設けるんだとか。何でも「アーモンドチョコレート」等が出来上がる過程をガラス越しに見ることが出来るらしい。ま、主力商品の「ポッキー」が設備的に難しいが「アーモンドチョコレート」だったら…ってことなのか?
「製造専用のマシンは先週末から入れました。注目度は高くって、テレビ各局が追っています。注目率は高いから、ヘッドロックで扱って損はないですよ。」。
なんて、山崎さんは口が達者だ。きっと、口から生まれてきたに違いない。ってなわけで、ついつい言いなりになって書いてしまった。
因みに、サービス精神の旺盛な山崎さんは、上から目線の「森永製菓」と「カルビー」のアンテナショップについても説明してくれた。それによると、「森永のおかしなおかし屋さん」は、森永のお菓子を使ったデモンストレーションなどを行うといい、東京限定のお土産やスイーツ、さらにはオリジナル文具などのキャラクター・グッズも用意していると言う。また「Calbee+」は、カルビーのアンテナショップとしては3店目らしい。揚げたてのポテトチップスなどを提供する他、やはりキャラクター・グッズの販売もある。
で、「ぐりこ・やKitchen」の場合は、前述した通り、そこで製造した作りたてのチョコレートを味わうことが出来るってことのようだ。もちろん、各種多彩なキャラクター・グッズも用意されている。ま、いかにも”オタク”が喜びそうな店である(もっとも、オタクに限らず、子供も喜ぶかもしれないが…)。
因みに「ぐりこ・やKitchen」は、東京・台場のフジテレビ裏に出来る「ダイバーシティ東京」内にもオープンさせるそうで、こちらはフジテレビとコラボしたポッキー商品を開発すると言う。