米カリスマ・ラッパーEMINEM9年ぶり来日か!? 前回は幕張メッセで7万人ライブだったが…

___ed.jpg米国のカリスマ・ラッパー、EMINEM(エミネム)の来日が濃厚となった。もし来日したら9年ぶり来日となる。もっとも、EMINEMの来日は日本のイベント会社から発表されている。
「7万人を動員した伝説の2003年幕張メッセ公演から9年。待望の来日公演が決定 2012年、夏。」
なんていうポスターまで貼り出されているのだ。
しかし、ここは「来日公演」と言っても、詳細は不明。一部情報では「サマーソニックに出演するため…」なんていう声もあるのだが、9年ぶりに来日するんだったら、やはり公演をして欲しいものである。いずれにしても、来日は発表はされていても、本当に来るのかは…EMINEMのことだから、そこは何とも言えないところ。
それにしても、EMINEMで思い起こすのは、米国によって殺害されたあのウサーマ・ビン・ラーディンをプロモーション・ビデオでオチョクってアルカイーダから暗殺されそうになったり、あるいは、亡くなったマイケル・ジャクソンまでオチョクったり、前米大統領のブッシュの再選を阻止する楽曲「モッシュ」まで発表したことがあった。
とにかく、エミネムは白人でながらラップ・ミュージックでは最も成功。米国の音楽シーンでは神様的存在となった。
9年前に来日した時は、EMINEMの生き様を描いた映画「8マイル」が公開された時だった。同映画は、エミネムの破天荒な生涯を描いた、いわば”青春サクセス・ストーリー”。エミネム自ら主演していることから話題を呼び、日本では興収30億円を上げた。
日本では「今ひとつエミネムの人気がつかめない」(興行関係者)と言われていたが、フタを開けたら全国のシネコンを中心に大ヒットとなった。「公開のはじめは特に10代のファンが多くて驚いた。その後は20代のカップルも増えてきた。エミネムの人気を改めて思い知らされた。とにかくファン層の広さには驚いた」と配給のUIP関係者。
映画公開と共にサウンド・トラック盤「8マイル」も売れた。オリコンのアルバム・チャートでは発売30週目にして何と5位にランクされ、最終的に1位になった。洋楽のヒップホップ系で1位になったのはオリコン調査史上初の快挙だったというが、それ以上に登場31週目での1位というのは洋楽アルバム史上初めてだった。
因みに、当時発売されたアルバム「ザ・エミネム・ショウ」は全世界で1600万枚、日本でも100万枚を売り上げるモンスター・アルバムになった。
最近ではリアーナとの初コラボ曲「Love the Way You Lie feat. Rihanna」がヒットした。昨年は、「第53回グラミー賞」でもライブ・パフォーマンスを披露している。同曲を盛り込んだアルバム「Recovery」が評判となった。
いずれにしても、EMINEMの来日公演が楽しみである。