元テイチク会長の飯田久彦さんがエイベックスエンタテインメント取締役で新スタート

元テイチク会長の飯田久彦さんがエイベックスエンタテインメント取締役で新スタート“チャコ”の愛称で親しまれる飯田久彦氏が11月1日付で、エイベックス・エンタテインメントの取締役に就任することになった。飯田氏は、あの桜田淳子やピンクレディーの育ての親として知られる。ビクターエンタテインメントからテイチクエンタテインメントの代表取締役社長、そして会長を務めてきた。元歌手だけに、音楽制作ではいいセンスをもった人である。歌手としては、61年に米国歌手ディオンの名曲「悲しき街角」でデビューした。この曲は、英詞を日本語訳した洋楽ポップス・カバーの先駆となるのと同時に、大ヒットとなった。この曲に続く、「ルイジアナ・ママ」も大ヒットして、人気を確立した。親しみやすい容貌から、”チャコ”の愛称で親しまれた。しかし、時は流れ、70年代には、その人気も…。そこで、裏方であるディレクターへの転身。制作者として才能を発揮したのは、松崎しげるの「愛のメモリー」だった。そして、桜田淳子、ピンクレディー、小泉今日子…。次々にトップ・アイドルを輩出していった。90年代には、プロデューサーとして河村隆一やSMAPを担当した。サザンオールスターズの「チャコの海岸物語」は、飯田さんをモデルにしたとも言われている。今回、飯田氏は、エイベックス・エンタテインメントの取締役と同時にエイベックス・グループ・ホールディングスの特別顧問にも就任する。幅広い人脈を活用して制作を担当するというが、おそらく、新しいレーベル「チャコ・レーベル」でも作るのだろう。
10025501.jpg