南野陽子、森口博子、西村知美のアラフォー3人が新ユニット“Blooming Girls”を結成し本格活動!!

holiday-IMGP0023.jpgアイドルとして80年代から90年代にかけ活躍した南野陽子、森口博子、そして西村知美のアラフォー3人が新ユニット”Blooming Girls(ブルーミング・ガールズ)”を結成した。82年デビュー組の松本伊代、早見優、堀ちえみも”キューティーマミー”なんてユニットを結成してライブなんかをやっているが、今度は85、86年組である。AKB48で芸能界はアイドル花盛りだが、80年代アイドルも負けちゃいない!?
それにしても、85年ぐらいの芸能界は、おニャン子クラブが芸能界を席巻していた。それから四半世紀が過ぎたら、今度は、そのおニャン子クラブをバージョンアップしたかのようなAKB48が芸能界を賑わしている。要するに、その根底にあるのは究極の80′sなのかもしれない。
そんな中で結成されたのが、南野陽子、森口博子、西村知美の3人によるユニットだ。もっとも、南野と森口は、元々がソニーミュージックエンタテインメント(当時はCBSソニー)のアイドルだったので納得がいくが、知美は東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)だったので、何で、このユニットに加わったのかは、ちょっと分かりにくいが、知美によると「南野と森口に声をかけられた」のだとか。
南野が言うには…。
80年代のアイドルが注目される中で、1年前にテレビの番組で森口と一緒になる機会があったそうだ。その時に意気投合し「何か、一緒にやろう」ということになったそうだ。「同じ時代、同じ空間で頑張ってきた同士なので、何か一緒に出来ることがあるんじゃないかと思った」そうだ。
もっとも、当時は、一緒に会う機会はそれほどなかったそうだが、時の流れと言うのは「同じ時間を共にした」という思いだけで、そんな壁さえも乗り越えてしまうのだろう。とは言っても、3人に全く共通点がないわけじゃない。3人とも「堀越高校」だったという共通項がある。当時の「堀越」は絆が強かった?
いずれにしても、当時は、とても考えられないようなユニットが結成されたことになる。これも、もしかしたら”夢のコラボ”なんてことになるのかもしれない…。
で、南野陽子、森口博子、そして西村知美の3人で結成した新ユニット”Blooming Girls”は、5月30日に新曲「Knock!!  Knock!! Knock!!」をソニーミュージックダイレクトから発売する。また、その新曲発売に合わせ、5月23、25日には東京・恵比寿のact?square、そして5月27日は大阪のビルボードライブでプレミアム・ライブも行う予定だ。東京公演はS席が1万5000円、A席が1万2000円で、さらにVIP席まであって20000円だと言う。VIP席は特典として”Blooming Girls”の3人と記念写真も撮れるというから当時のファンにとっては、これはたまらないサプライズなのかも…。もちろんライブでは、3人の、それぞれのコーナーもあるらしく、知美は「また、歌を覚えなおさないと…」なんて言っていた。
そんなわけで、今夜のニッポン放送「松本ひでお 情報発見ココだけ」の”業界チクリークス”のコーナーに、今夜は知美に電話で出演してもらい、ユニットについてなどを話してもらった。しかも、今夜のアシスタントは浅香唯。知美とは、ほぼデビューも同時期で仲もよかったというだけに超ビッグ・タイミング、大いに盛り上がった。

Comments are closed.