映画プロデューサー若松正明氏。実は自社資金繰りで映画出資募る!? 詐欺行為との声に「逮捕されないもん!!」(3)

もはや「ペテン師」の代名詞がついてしまった感のある映画プロデューサー若杉正明氏。とにかく、映画プロデューサーとして、彼には最近まで判明しているだけでも11本もの映画企画が存在していた…。
その代表的な作品を見ただけでも驚く。もちろん「予定」「準備中」とは言うものの、大阪で人気のタレント、やしきたかじんプロデュースの「お先に勉強させていただきます」。さらには、河合勇人を監督に、堀北真希を主演にした「ローカル線ガールズ」。もっと、ビックリ!!は、ロバート・ゼメキス監督でブラッド・ビットかオーランド・ブルームを主演にした映画までブチ上げていた。
しかも、それぞれで多方面に対して出資要請などの話が進められていたと思われる。その中でも最大の作品が村上龍氏のベストセラー小説「半島を出よ」の映画化だった。ところが、出資を募っておいて映画は頓挫…。最終的に御釈迦様になってしまった。ま、「たまたまこの映画は…」という理屈もある。映画化案件であるので全てを否定するものではない。当然、今後の実現も考えられなくもないが、正直言って、若杉氏の現状を見る限り、限りなく100%は無理だろう。
だいたい、業界内では、こういった現状への不信感から「映画化という名目で、単に資金繰りを行なっていただけではないか」(映画関係者)などと言われている。当然だが「若杉氏のやり方は明らかに詐欺行為」といった声まで出ている。
実際、若杉氏の周辺で怪しい「資金集め」も発覚している。
若杉氏は、「ビーワイルド」という映像制作会社の代表取締役を務めていたが、その一方で、2007年(平成19年)に、「ビーワイルド」のある大阪市北区堂島浜に、もう一社、映像制作会社「エフエムエス」を立ち上げているのだ。資本金は1355万円で若杉氏が代表取締役に就任している。
ところが、この「エフエムエス」は、昨秋11月10月1日に本社を大阪から東京都中央区日本橋横山町のマンションに移転。現在は、千代田区岩本町のビルの10階に移している。しかも、東京移転後の11月3日に若杉氏は代表取締役を辞任し、取締役だった安達政孝氏が代表取締役に就任しているのだ。若杉氏に近い関係者は「権利を委譲した」というが、余りにもタイミングがよ過ぎはしないか。しかも、業界内には「裏では若杉氏が関与しているはず。単に若杉氏の隠れ蓑に過ぎない」といった声もあり、「エフエムエス」の経営には不審が抱かれている。だいたい、「ビーワイルド」もヘロヘロな状態なのに、そんな若杉氏の”物件”(権利)を受け継ぐなんてあり得ない話だろう…
しかも、「エフエムエス」というのは、「海を感じる時」や「濁水」「幼な子われらに生まれ」「往きて帰らず」「青い目の北斎」「KAWAii !!」などの企画を立ち上げているが、その企画たるや実は「ビーワイルド」とダブっているのだ。とにかく、この他にも「あり得ないだろう」という映画企画がいくつか存在し、出資を募っているようだが、それについては今回、ここでは割愛する。
いずれにしても、このいずれの企画についても、すでに出資者を募っている。
これは、あくまで未確認情報ではあるが、若杉氏の対しては警視庁捜査2課が内偵捜査をしているも…。しかし、捜査をしていても、現実には、映画企画をチラつかせながら平然と資金を集めている…。ある情報によれば、若杉は「ボキちゃん(若杉氏は自らを「ボキちゃん」と言っているという)、逮捕なんてされないもん」などど嘯いているらしい。いやいや、映画プロデューサーと言うのは、並みの神経では出来ない、まさに…紙一重だ。
しかし、さすがに、この年末年始で「ビーワイルド」もしくは若杉氏を、詐欺罪で刑事告訴することも辞さないとまでに考えるに至った関係者が複数浮上している。
既に、出資社の1つで京都に本社を持つ「八創」が資金返還を求め民事訴訟を起こしたと言われ、すでに訴状が「ビーワイルド」に届けられているというのだが…。
「ここ2〜3年、若杉氏は映画プロデューサーとして多数の映画化企画を抱え、その実現へ向けて多方面に出資を募るなどの活動(業務)を続けてきたが、実際には映画化が実現しないという状況が続いているんです。当然、出資金の返還を求める声が相次いでいますが、実際には返還に応じてはもらえず様々な疑念が生まれている。しかも、そういった状況の中でも若杉氏は、あらゆる映画化企画を立ち上げ出資を募る活動を継続している」(事情通)
「ビーワイルド」の内部を知る関係者によると、2010年初頭の段階で、銀行借り入れや税金未納、費用未払いなど、同社の借入金総額は40億円を超えると言う。その後、同社の業務として大きく動いていた案件が見受けられないことから、同社の資金繰りはさらに悪化していることも予想される。情報では既に昨年、1度目の手形不渡りを出したという情報も…。
ま、日本の法律は「取ったもの勝ち!」。カネを集めるだけ集めて破産でもしてしまえば、あとは知らん顔っていう輩も多い。早いところ「詐欺罪」で被害届を出さないと逃げられてしまう…?
【つづく】

Comments are closed.