ガガに強力ライバル出現!! M.キャリー、マドンナに続く女性シンガー、リアーナに注目集まる!!

米人気R&Bシンガー、レディ―・ガガの最大ライバルと言われる女性R&Bシンガー、リアーナのアルバム「トーク・ザット・トーク」が26日に発売され評判になっていると言う
リアーナは現在23歳。米国での人気は今やレディー・ガガ以上だと言われている。最新シングル「ウィー・ファウンド・ラブ」は全米で3週連続1位を継続中だ。同曲で彼女のシングルは11作品が1位になったが、この記録はスティービー・ワンダーやジャネット・ジャクソンの記録を塗り替え、女性アーティストではマライア・キャリー、マドンナに続く3番目の記録になった。
年齢的にもリアーナは23歳でガガと近い。しかも、モデル出身のR&Bシンガーという点においても同じだが、彼女は米国の人気男性誌「エスクァイア」の人気調査で「2011年最もセクシーな女性シンガー」にも選ばれるなど「新世代のアイコン」として注目度を高めている。因みに、彼女はバルバドスの出身だという(カリブ海、西インド諸島の小アンティル諸島東端に位置する小さな島らしい)。16歳の時に米国に移住してきたそうで、米国では、かつて宇多田ヒカルと契約したことでも知られるデフ・ジャムと契約を結んだ。
ところで音楽活動では、05年にデビューしてから徐々に人気を集めてきた。これまでに当然だが「グラミー賞」や「アメリカン・ミュージック・アワード」なんかの受賞経験を持ち、昨年は、カリスマ・ヒップホップのエミネムの希望もあって初めてコラボした「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ feat. リアーナ」が大ヒットして話題となった。今年2月、彼女はエミネムと一緒に「グラミー賞」の授賞式に出て、ライブ・パフォーマンスをしたが、これまた実に素晴らしかった。
そのリアーナの最新アルバムが「トーク・ザット・トーク」。「ウィー・ファウンド・ラブ」を収録したもので彼女にとっては6枚目のオリジナル・アルバム。当初、日本では「輸入盤」で対応し、国内版は「(彼女の)来日のタイミングに合わせる」ことで準備していた。ところが、米国国内でのスケジュール調整が出来ず、嘘か本当かは知らないが急きょ発売日を早め26日に日本発売したとも言われている。
全米では21日に発売された。全米では「間違いなく初登場1位」と言われている。果たしで日本は…。