嶋村かおり引退以来、7年ぶりに出会った逸材・瀬島ゆう!! “芸能界の暴れん坊”宮西渡さん、70歳にして立つ!?

東京・六本木のクラブ「feria」で、「宮西会」というのが行われた。スポーツ紙の記者や週刊誌の編集担当者など業界スズメが三々五々集まって何やら盛り上がる意味深な?会である。特に、主旨はない。単に宮西さんというオッサンを囲んで騒ぐだけって感じだが、これが何故か妙に業界スズメが集まってくる…。今夜も30〜40人ぐらいが集まった。これも宮西さんの人望なのか、人柄なのか?
因みに、宮西さんとは「宮西渡」という名前で、業界の中では”芸能界の暴れん坊”と言われている。「Zプロモーション」というプロダクションの社長だが、芸能生活は50年を超える。数々の修羅場をくぐり抜けてきた。
一般的に知られているはグラビア・アイドルの嶋村かおりをスターダムに押し上げたことだろう。彼女は200誌とも300誌とも言われるぐらい週刊誌や月刊誌、雑誌の表紙を総ナメしたことで知られ、写真集だけでも20冊を出してきた。業界内では「グラビアの女王」「Vシネの女王」「セクシー女王」とか言われた。とにかく、宮西さんのマネジメント力、プロデュース力は誰もが認めるところだ。
その宮西さんの呼びかけで開かれたのが「宮西会」だったわけだが、一応、参加料は5000円。結構、シビアである。しかし、会場では、川島敬治というシンガーのライブを観せたかと思ったら、春一番が出てきてアントニオ猪木の物まね。さらには、よさこいソーランの踊り…。一体、何をアピールしたいのやら…。
その宮西さんも来年70歳。古希を迎える。もう「後期高齢者」の仲間入りも間近だ。ところが、その宮西さんが「俺は、まだまだ現役だ!! 芸能界で、もう一花咲かせたい!!」と吠えている。何と、宮西さん。嶋村の引退以来、約7年ぶりに逸材と出会ったというのだ。

___ed.jpgその逸材とは「瀬嶋ゆう」というグラドル。現在は、TBS系「金曜日のスマたちへ」に出演している。彼女は、大阪府出身の22歳。今年4月に「第26回ミス湘南コンテスト」で「ベストフォトジェニック賞」を受賞(この賞は西川史子やフジテレビアナウンサーの斉藤舞子などを輩出したことで知られる)。
とにかく、宮西さんは、50歳も年下の彼女に異常に入れ込んでいるのだ。
一部の記者からは「宮西さんが結婚しちゃえば、話題になるじゃん」なんて声が出てくるほどだった。しかし、万が一、結婚したら、ドリフの加藤茶に対抗出来る!!これは、まさに東スポ的な話題である。でも、それで終わりだろうけど…。
いずれにしても、宮西さんは、「彼女のボディーは凄いんだよ!特に、くびれは…」だって。みんなに彼女を収録した特製のDVDを配っていたけど、少なくともAKB48より「上」である。しかも、この時代、何が当たるか分からない。もしかしたら、70歳の宮西さんの執念かなんかでビッグになるかも…。