声帯模写タレントの若人あきらの失踪は事件から12年後に「北朝鮮による拉致だった」と報じられる!?(下)

・・・l.jpg 静岡県熱海市和田浜南町の熱海港防潮堤で釣りをしていて行方がわからなくなっていた声帯模写でタレントの若人あきら(現・我修院達也)が、失踪から3日後に何と神奈川県小田原市内の路上で呆然としているところを発見された。運ばれた小林病院で若人を診察した医師は、頭部を強く打撲した時に起こる「一過性の全健忘症」と診断していた。
ところが当時、若人が神奈川県警小田原署の事情聴取に話した「未公開供述書」によると――。
「3月5日の午後2時に目が覚めた。気がついた時は、車庫のようなところで、ベッドに毛布が敷かれていた。その場に40歳ぐらいの男がいた。彼にインスタントのような”おかゆ”と思われるものを食べさせてもらった。その人には心境としてお礼を言いたい。…今日(6日)車の乗せてもらい、小田原に来て車から降ろされた。一緒に歩いて途中で分かれた」
若人の言う40歳ぐらいの男とは…!?
若人の行方不明はテレビや新聞で大騒ぎになっているのに何故、若人を車庫に泊めたのか、何故、病院に運ぶなり警察に通報しなかったのか…。若人の供述は意味不明でナゾは深まるばかりだった。
それにしても、この若人の失踪騒動を、テレビ各局のワイドショーは「狂言」と斬って捨てていた。
生存のニュースが飛び込む前に「ひょっとして、今日当たり『元気でーす』なんて言って、チャッカリ出てきたりして」なんて冗談交じりに語っていた某テレビ局のワイドショースタッフは、若人発見に「それ見たことか」とばかりに大ハシャギだった。
「若人も最近は、人気が落ち気味だったから話題づくりにやったつもりが、想像以上に大事になって引っ込みがつかなくなったんじゃないの?」
なんて大胆な憶測をするワイドショー担当者もいたほどだった。
それはそれはテレビ各局では、このテの”狂言説”が飛び交っていた。しかも、若人は4月からレギュラー出演が決まったことから「テレビ局や番組と組んで”やらせ”で、話題を作ったんじゃないの」なんて疑いの目で見る局の関係者もいたほどだ。
「若人は泳げないどころか、釣りだって余り経験がなかった。いくら何でも不自然。本人がパフォーマンスのつもりでやったのか、誰かの入れ知恵か。まあ、余計なことは言えないけど」
と首をかしげる某局プロデューサーもいた。
このため小田原署は、回復を待って精神鑑定を行う方針を固めた。また、事件が狂言だったら犯罪になるが、その全てを若人夫人は否定した。若人は、極秘に川崎市の聖マリアンナ病院に移り入院、3月26日に退院したが、「空白の3日間」については記憶がないと貫き通した。
ところが、この失踪事件に関し、12年後の03年、衝撃のニュースが飛び込んできた。 何と、この事件は「北朝鮮による拉致だった」というのだ。これは「週刊新潮」が報じたものだったが当時、日本テレビ「ザ・ワイド」のコメンテーターだった有田芳生氏が述べていた。もちろん有田さんの根拠も分からないし、当然ながら真相は分かっていない。いずれにしても、20年経った今でも奇怪な事件として芸能史に記録されている。
ま、奥山英志さんが北朝鮮に拉致されたかどうかは分からない。が、突然に「やあ!」なんて出てくるかもしれない。その時は、奥山さんの失踪の真相を探るワイドショーから引っ張りだこになるかもしれない?