「事実無根」「根拠のない憶測記事」と開き直るが…。TAIJIの逮捕・自殺の責任を婚約者に押し付けようとした偽装メール!!

元XのメンバーだったベイシストのTAIJIこと沢田泰司さん(享年45歳)の逮捕、拘束、自殺は不可解なことばかりだ。TAIJIのマネジメント&プロデュースをやっていたというYOUプロダクションの北見輝美マネジャーは、TAIJIと行動を共にしていながら、逮捕された途端に知らん顔、周囲には「私は知らない」「私は関係ない」なんて聞かれもしないのに言いまわっていた。よほど隠したい何かがあったに違いない。
北見側は、【ヘッドロック】に対して「事実無根」とか「名誉毀損」、さらには「根拠のない憶測記事」「飛ばし記事」なんて、それはそれは言いたいことを言っている。が、TAIJIが逮捕、拘束、自殺未遂を起こした後、北見輝美は、マネジャーとして信じられない行動に出ていたことは、全て証拠として残している。
北見側が「事実無根」とか「根拠のない憶測記事」と言い張るなら、今回、北見輝美がサイパンから発信したメールを1つ暴露する。
その前に、今回の事件を振り返ると――。
7月11日。TAIJIは成田発サイパン行のDELTA航空機の中で暴れたことからサイパンで逮捕された。サイパン当局の取り調べを受ける中で、拘置所内のベッドのシーツで首を吊って自殺未遂を図ったのは14日早朝のことだった。TAIJIは急きょ、サイパンのガラパン地区にある総合病院「Commonwealth Health Center(CHC)」の集中治療室(ICU)に運ばれたが脳死状態だった。
ところが、TAIJIが「逮捕された」という情報が、一部の日本関係者に入ったのは、逮捕されてから3日後の7月14日で、自殺未遂の情報は16日になってからだった。この情報で、TAIJIの親族や婚約者がサイパンに向かったのはよく16日の夜(到着は17日未明)のことだった。とにかく、この時の情報は錯綜しまくっていた。
それにしても、逮捕後、これだけのことが起こっておきながら、同行していたマネジャーの北見は一体、何をやっていたのか? しかも、驚くことに、こんなメールのやり取りが行われていた――。

これは、TAIJIが意識不明の15日にやり取りしたメールである。TAIJIと北見と共通の知り合いである、大手プロダクションの関係者は、TAIJIが逮捕されたとう情報を聞き、サイパンの北見にメールを送信した。

2011年7月15日22:25に、ソフトバンクの携帯電話から北見に送られたメールは

てるみんさん
タイジは無事なんですか?!
いったいどうなってるの?!

という内容だった。すると、北見からGmailで返答が来た。
2011年7月15日22:34:30 JST

大丈夫ですよ。
何だか 彼女と喧嘩しちゃったみたいですね。

何と、北見は、TAIJIが婚約者である赤塚友美さんと喧嘩したような、そんな偽装メールを送っていたのである。いうまでもなくTAIJIは、この時は「脳死状態」で集中治療室で治療を受けていた。そんな一大事の時に北見は、何で、TAIJIの状態を知らせようとせず、それどころか「赤塚さんと喧嘩した」なんて、ありもしないウソをつきまくっていたのか?
上記のメールは、紛れもない事実で、北見の「証拠物件」として発信、着信記録もすべて保存されている。
これは想像するに、北見は、TAIJIが飛行機内で暴れサイパンで逮捕されたこと、自殺を図ったことを全て、自分ではなく赤塚さんの責任に押し付けようとしていたに違いない。いわま、そのアリバイ作りだったのではないか? と言うのも、北見は、こういった偽装メールを、あらゆる方法で多数の日本の音楽関係者やバンド仲間に対してメール送信している。その一方でTAIJIについては「私は知らない」「私には関係ない」なんて嘯いているんだから、これはもう唖然茫然だ。ハッキリ言って問答無用の行為である、もはや言い逃れは出来ないことは確か。そんな北見を弁護し「事実無根」なんていう弁護士は、こういったメールの存在に対してだけでも、一体どう言い訳するのだろうか?