TAIJIの自殺で浮かび上がるKTマネジャーの不可解な行動…TAIJIの携帯メールで情報の錯乱工作も!?(上)

元Xのメンバーで、ラウドネスにも参加したベーシスト、TAIJIこと沢田泰司さんの自殺は余りにも不可解なことが多過ぎる。
今回、沢田さんは、デルタ航空機の中で隣の女性客と口論になり、機内で暴れたことから逮捕、起訴された――となんている。しかし、その口論になった女性客とは沢田さんのマネージャーでユープロダクションのKT嬢。目撃者によれば「搭乗する前から揉めている感じだった」と言い、どうやら、険悪な状況は飛行機の中に持ち込まれたようだ。
ただ、飛行機の中での騒動については、窓を叩いたとか、前の座席を蹴ったとか、乗務員に手を出したとか…そう報じられているものの、実際には目撃者情報が掴めず、正直言って状況は分からない。肝心なKT嬢も、この件に関しては「私には関係ない」「私の責任ではない」と言っているが、この事件の直後、ブログからホームページまでKT嬢は削除してしまった。KT嬢にとって。そこまで削除しなければならないような不都合なことが何かあるのか?
さらに不可解なこと。沢田さんは11日に逮捕・起訴され、12日に自殺を図ったとされている。取調べを受けていた拘置所のベッドのシーツで首を吊ったというのだ。しかし、ここでもKT嬢は不可解な行動を取っている。沢田さんの携帯を使ってメールを送信、元気な様子を知らせているのである。その後、自殺が発覚したが、そこでも沢田さんが、いかにも意識があるように沢田さんのメールで送信している。しかし、実際には、沢田さんは脳死状態で病院に運び込まれ、集中治療室で生命維持送致で生き続けていたのだ。
一体、KT嬢は何を隠そうとしていたのか?ここまで、事件、事故を隠ぺいし続け、さらにはブログや、ホームページなど沢田さんの足跡を消し去ろうとしておきながら「私は知らない」と言い続けているのは、これは明らかに犯罪に近いものがある。おそらく、沢田さんとの間で何かがあったことは明白である…。
(つづく)