有線放送・全国ランキング…薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」14→5位↑↑

キャンシステム発表の6月17日付・有線放送全国ランキングは次の通り。集計期間は6月4日から10日までの1週間。
 それによると、AKB48「Everday、カチューシャ」が前週5位からトップに躍り出た。42位に初登場して以来4週目での首位獲得となった。今回は、有線放送の集計期間が9日に東京・日本武道館で行われた「総選挙」と重なったことが露出展開に結びついた。そういった意味では「総選挙」の終了する次週以降は一気に露出も減る可能性は大きい。
 前週まで2週に亘って1位にランクされた水森かおり「庄内平野 風の中」は2位に後退した。同曲は、水森にとっては12作目のご当地ソングとなる。楽曲への評価も高いだけに今後も好露出展開が期待されるところ。
 全国ツアーも好調な韓国の9人組ガールズ・ポップ・グループ少女時代の「MR.TAXI」が前週9位から3位に再びランクアップしてきた。同曲は初の日本オリジナル楽曲と言うのがウリになっている。そういった意味でも「音楽配信」を含め評判も高まっている。
 5位には前週14位から薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」がランクアップしてきた。同曲は、フジテレビ系で日曜9時に放送中のドラマ「マルモのおきて」主題歌で、既に音楽配信「着うたフル」ではトップにランクされている。ドラマに双子役で出演する芦田愛菜(6)と鈴木福(6)のユニットが歌っているが、曲に合わせて出演者が踊るドラマのエンディングが話題になっていて、小学校や幼稚園で踊る子供たちも続出しているという。
 長保有紀の新曲「火縁(かえん)」が10位に初登場。「木曽路の雨」、「龍飛崎」と2作連続で軽快な旅情演歌が続いてきたが、今回は、趣向をガラッと変えて、マイナータイプの本格艶歌で勝負している。タイトルの「火縁」は、男女の「縁」と「火炎」をかけたものだという。恋の情念を歌った長保の勝負作。
 ベストテン外では、鳥羽一郎「夜風」が19位に。また、21位にはB,z「Don,t Wanna Lie」が初登場。今後の露出展開が注目されるところだ。

【有線放送・週間ランキング】 ※カッコ内は前週。
1(5) AKB48 「Everday、カチューシャ」
2(1) 水森かおり 「庄内平野 風の中」
3(9) 少女時代 「MR.TAXI」
4(2) JUJU 「また明日…」
5(14) 薫と友樹、たまにムック。 「マル・マル・モリ・モリ!」
6(3) ふくい舞 「いくたびの櫻」
7(8) 成世昌平 「あんたの里」
8(4) 大月みやこ 「女…さすらい」
9(6) 氷川きよし 「あの娘と野菊と渡し舟」
10(−) 長保有紀 「火縁」

次(13) 西野カナ 「Esperanza」