「3、2、1…、ガガッ!!」レディー・ガガ最新アルバム発売でアントニオ猪木が闘魂の雄叫び!!

米国の人気女性R&Bシンガー、レディー・ガガのアルバム「ボーン・ディス・ウェイ」が23日に発売された。世界同時発売だが、時差の関係で日本が全世界で最初に発売されたというわけ。その発売に合わせ東京・渋谷のTSUTAYAでは、発売カウントダウン・イベントが行われ、23日の午前0時にアントニオ猪木が「3、2、1、GAGAッ」と雄叫びを上げた。
2011052300000000.jpg

それにしても、日曜の深夜に何とも言えないイベントである…。だが、ファンとは実に有難いもので、そんなイベントに300人を超えるモンスター(ガガのファンのこと)が集まった。しかし、この足の悪い中、モンスターは思い思いのガガ・ファッションでご苦労様だった。
110522_233911.jpg

ところで、レディー・ガガのアルバムCD「ボーン・ディス・ウェイ」は、セキュリティーが厳重で、米国ではCDを詰めた箱にGPSをつけて、すべての商品の動きを管理しているほどだという。で、日本では…。何と、猪木は「ジャパン・セキュリティー隊長」なんだとか。しかも、猪木も強そうだが、その両隣には黒人のムキムキ警備員まで引き連れていた。まあ、宣伝の演出としては面白い。まるでGACKTのようだだった!?
110522_235909.jpg

ところで、イベントのメーンは、冒頭でも記したように、23日午前0時のカウントダウンだったが、意外に呆気なかった。で、思ったより盛り上がったのが、発売のユニバーサルインターナショナルの大森正之・宣伝本部長に猪木が気合い入れのビンタをした時か。大森さん。「100万枚の売り上げを目指す!」とか意気込んでいたが、CDセールスの低迷なんかを吹き飛ばすかのような雄叫びを上げ、猪木から気合を注入されていたが、果たして…。
holiday-GAGA11.5.23 (9)_ed.jpg

因みに、このアルバムのメーン曲である「ジューダス」は、ガガが8億円もの巨費を投じてプロモーション・ビデオを監督した。このPVでガガはマグダラのマリアを演じている。これは「新約聖書中福音書に登場するイエスに従った女性で、正教会・カトリック教会の聖公会で聖人」だというのだが…。