個人ユーザーに損害賠償も…東京地裁がプロバイダに音楽ファイル不正アップロード者6人の氏名等開示命じる!!

東京地方裁判所は14日、インターネットへの接続を提供するインターネットサービスプロバイダ(ISP)1社に対し、ファイル共有ソフトを利用してインターネット上で音楽ファイルを不正にアップロード(公開)していた個人ユーザー6人の住所、氏名等を開示する判決を下した。
これは、ワーナーミュージック・ジャパン、エイベックス・エンタテインメント、エピックレコードジャパン、ジェイ・ストーム、EMIミュージック・ジャパン、ポニーキャニオン、エスエムイーレコーズ、ユニバーサル ミュージック合同会社、日本コロムビアの9社が、昨夏8月にインターネットサービスプロバイダ(ISP)に対して「プロバイダ責任制限法」第4条第1項に基づいて、当該ユーザーが市販音楽CDの音源をファイル共有ソフトを利用して許可なく無断でアップロード(公開)していたことから「著作隣接権(送信可能化権)」を侵害しているとしてユーザーの氏名、住所等の情報(発信者情報)の開示を求めていた。ところが、ISP側は開示を渋っていたため、今年1月に東京地裁に訴訟を提起していたもの。
この判決によって近日中にもISP側はユーザーの住所や氏名を開示するものと思われるが、訴訟を起こしていた原告側の9社は、開示されたユーザーに対して損害賠償請求等を行う予定だという。
今後、どの程度の損害賠償金が請求されるか分からないが、開示された6人のユーザーにしてみれば認識の甘さで、今や青ざめているに違いない。ま、それもこれも身から出たサビといったところ。今になって後悔しても始まらないってことかもしれない。