ポニーキャニオンがクラレのマスコットの使用許諾を受け“クラレちゃん”着せ替えコンテンツを携帯配信!!

ツクツδ可δ.jpgそれにしてもレコード会社も色々なことを考えるものだ。何と、ポニーキャニオンがクラレ社の「ミラバケッソ」の人気CMシリーズであるマスコット・キャラクター「クラレちゃん」【写真】の使用許諾をクラレから受け、同キャラクターの携帯電話向けの着せ替えコンテンツを制作、きょう1月31日から携帯向けの「レコチョクきせかえ」で配信をスタートした(税込み525円)。
「クラレちゃん」というのは、クラレという会社の「ミラパケッソ」CMでお馴染みとなっている。現在放送中の「トラベル編」のCMでは、各国の民族衣装を身にまとって「クラレ=未来に貢献する独自性の高いグローバル化学メーカー」を訴求している。
ということで、ポニーキャニオンが制作したコンテンツは、「クラレちゃん」が待受やメニュー画面に現れる他、電池ピクト(=電池残量マーク)がアルパカになるなど、携帯電話の操作が一段と楽しくなるように仕掛けられている。
今回、クラレでは、企業広告のキャンペーンの一環としてポニーキャニオンに使用を許諾したものだが、実際には、この着せ替えコンテンツが「レコチョクきせかえ」で配信されることによって20〜30代女性を中心とした幅広い層のユーザーに「クラレちゃん」をアピールし、テレビCMと同様にグローバルに活躍するクラレの認知度向上とイメージアップを狙ったというのだ。なかなかの宣伝戦略である。
しかし、今の時代、レコード会社も音楽を作っていればいいってものじゃなくなったということだ。

Comments are closed.