有線放送・全国チャート…植村「トイレの神様」連続首位!! 浜崎「Love song」2位に急上昇!!

キャンシステム発表の11年1月21日付「有線放送」全国ランキングは次の通り。集計期間は11年1月8日から同1月14日までの1週間。
年末年始の2週間は「紅白」などメディアへの露出度も圧倒的に増えたこともあって、有線放送も植村花菜「トイレの神様」がトップを獲得したが、正月明けも同曲が首位を死守した。同曲がドラマ化されて放送したことも相乗効果としてあったかもしれない。
2位には、年末年始のチャートで8位で初登場した浜崎あゆみ「Love song」が2位に急上昇してきた。浜崎の最近の新曲の中では好展開だ。一方、前週2位だった氷川きよし「虹色バイヨン」は3位に後退したが、8位には今度は新曲「あの娘と野菊と渡し舟」が初登場ランクインしてきた。因みに、これまで13位→7位→7位→9位と推移してきた「離郷しぐれ」は19位へと後退した。
演歌では川中美幸「長崎の雨」も健闘している。93位に初登場以来、61位→6位→5位と着実にランクアップしている。
韓国のアイドル・グループは、少女時代「Gee」が前週3位から6位に後退し。また、韓国での所属事務所とのトラブルで解散騒動を巻き起こすなど波紋を投げかけているKARA「ジャンピン」は4位から7位に後退した。
ベストテン外での注目曲は、演歌の田川寿美の新曲「冬の日本海」が12位に初登場してきた。また、北山たけし「男のなみが雨」が前週58位から17位、竹山美子「浪花恋人情」は48位から20位といずれも2週目でベスト20入りを果たした。
他にも都はるみ「大阪ふたり雨」が40位から21位となり、冠二郎「旅路の果て」が23位初登場と、演歌勢の露出が目立っている。
なお、INFINITY16 welcomz MINMI&西野カナ「真冬のオリオン」が43位に初登場以来28位→16位→13位と上昇中。

【有線放送・全国チャート】 ※カッコ内は前週順位
1(1) 植村花菜 「トイレの神様」
2(8) 浜崎あゆみ 「Love Song」
3(2) 氷川きよし 「虹色のバイヨン」
4(7) JUJU 「この夜を止めてよ」
5(6) 川中美幸 「長崎の雨」
6(3) 少女時代 「Gee」
7(4) KARA 「ジャンピン」
8(−) 氷川きよし 「あの娘と野菊と渡し舟」
9(5) コブクロ 「流星」
10(18) EXILE 「I Wish For You」

次(13) チェウニ 「雪は、バラードのように…」

Comments are closed.