“嵐の司会の年に大トリを務めることが出来て光栄” 来年20周年のSMAP 「紅白」で大トリ!!

holiday-P1030491_ed.jpg
「第61回NHK紅白歌合戦」で、初めて”大トリ”に抜擢っされたSMAPが、マスコミのフォトセッションとインタビューに応じた。昨年に続くものだが、今年は、司会が10年後輩の嵐に代わっただけに、複雑な思いがあったに違いないが、そうは言っても大トリだけに、そこはメンツは保った感じか?
大トリを務めることに、木村拓哉は
「光栄だが、責任も大きい。悔いのないように思いっきり歌いたい」
と言い、稲垣吾郎は
「責任も重大だが、楽しみながら歌いたい。歌唱力や技術力は、まだ自信がないが、楽しみながら歌いたい」
と、実に正直な意気込み。また、草なぎ剛は
「希望が持てるように歌いたい」
と言い、香取慎吾は
「とても大きなこと。歌でつなごうをテーマにしているわけだから、みんなの歌をトリまでつないでいけるように頑張りたい」。
そして、最後に中居正広は
「ジャニーズの中で俺だけしか司会は出来ないと思っていたら、今年は嵐が司会を務めることになった。しかも、その嵐の司会の年に大トリを務めることになったことは光栄なこと。お祭り気分で楽しく歌いたい」。
それにしてもSMAPは、来年20周年だと言う。今年、近藤真彦が30周年だったが、ジャニーズの中でも20年間、グループでこれだけの人気を維持してきたのは他にいないんじゃないか?そういった意味じゃ、大したものだと思う。
「今年はライブが出来たことが嬉しかった。グループとしても大きなことだった」(稲垣吾郎)。特に「ライブの動員が1000万人を超えたことは嬉しかった。改めてスタートの年になると思う」(草なぎ剛)。だが、来年の20周年は「(現時点では)特別なことは考えていない」(木村拓哉)とも。
しかし「来年は、恩返しの年にしたい」という稲垣に応えるかのように、中居正広は
「SMAPの活動をもっと増やしていければ…。歌だけじゃなく、SMAPとして活動をしていきたい」
とヤル気を見せていた。しかも、あしたの「紅白」本番の前に、中居は嵐のメンバーに「アドバイスをします」なんて言っていた。どういったアドバイスなのかは不明だが…。すると、稲垣が「嵐から聞けば…」とか言っていた。
いずれにしても、嵐の今年の活躍は、それなりにSMAPを刺激させているのかもしれない!?
「紅白」では、SMAPは「This is love 10SP メドレー」を歌う。