「ふなずし」乳酸菌が花粉症に効く?花粉症の人に朗報!? 果たして新サプリの効き具合は?

101227_172637.jpg今年の夏は猛暑だったが、その猛暑の翌年は、スギ花粉が猛威をふるうという。地方によっては、今年の10倍前後の花粉が飛ぶらしい。そんな情報を聞いたら今から戦々恐々だ。
で、東京でスギ花粉が飛散するのは2月中旬ぐらい。…ということは、年明け早々には、対策を講じなければならない。
例年、僕は、佐藤製薬の「ストナリニS」を飲んでいる。1日に1錠飲めばいいというのが理由だが、ここ最近は、効きが鈍くなってきた。困った…。と思っていたら、某レコード会社の宣伝マンが
「実は、知り合いの奴のところで、花粉症に効くサプリを開発したんだよ。オレも試しに飲んでいるんだけど…。どう?紹介するから、使ってみる?」
…花粉症に効くサプリがあるのか?
「いやいや、もう1週間ぐらい使っているんだけど、調子よくなった感じだよ」
何か、嘘っぽい。ま、病は気からって言うし、使っているうちに効いたような感じになったのでは? しかし、そう疑ってばかりもしられない。もしかしたら間違ってでも効くかもしれないし、紹介してもらうだけ紹介してもらうことにした。
で、赤坂のエクセル東急のラウンジで、その人を紹介された。聞けば、かつて外資系レコード会社で販売を担当していたらしい。その後、レコード業界から足を荒い?異業種の「アクアジャパン」という会社に入って、宣伝や広報のことをやっているらしい。で、問題のサプリと言うのは「ふなずし由来 新規乳酸菌 SU−6プロバイオティックス」【写真】というもの。
説明を聞かされたところでは、その「ふなずし由来 新規乳酸菌 SU−6プロバイオティックス」とは何かと言うと、滋賀県琵琶湖地方の名産品として知られる「ふなずし」を原料としたサプリだそう。この「ふなずし」とは、あのお寿司のこと。その「ふなずし」を発酵させる過程で生まれる「乳酸菌AU−6」が花粉症に効くらしいのだ。だったら、「ふなずし」ばかりを食べていたら花粉症にならないということにもなるが、そんなに毎日毎日、「寿司三昧」に通えない。そこで「このサプリを飲んでみてください」と言うことになる。
商品自体は、12月1日に発売されたばかりだが、これが一般の店では発売されておらず、いわゆるインターネットのみでの販売になるというのだ。一瓶に150粒のサプリが入っていて、1日に10粒ぐらいを飲むのだという。「渡邉さんの場合は、10数年ぐらい花粉症だというので、根気よくサプリを飲み続け、体質を改善していくことなんです。ただ、このサプリは、他のサプリと違って効き目が早いんです」。
いやいや、根気よく飲み続けろって言われても、どこまで続くやら…それが大いに不安だが、来春は「今年の10倍」なんて聞くと、来年の1月中には何とかせねば…という思いに。
いずれにしても、ここは効くか効かないか、自ら人体実験をして試してみるしかない。
「もし、少しでも改善したら、サプリの宣伝に協力してやるよ」
なんて調子のいいことを言って、サプリをタダでゲット。早速、試してみることに。
それにしても、値段が4935円と、ちょっと高め。もちろん、高くても花粉症の対策になるなら安いものだが…。さて、効くか効かないか…この続きをお楽しみに。