飲酒運転は厳罰だったはずでは…愚息・森祐喜釈放の摩訶不思議!! PJ野口美佳はツイッターで謎の逆ギレ!?

本人が容疑を認め、逃亡も証拠隠滅の恐れもないからって、たいした捜査もせずに何で石川県警小松署は釈放しちゃったのか?
森喜朗・元総理の愚息で、前石川県議の森祐喜のことである。
今や、飲酒運転といったら厳罰だったはずである。飲酒運転をした人間はもちろん、もし助手席に同乗していた者がいたら、その同乗者はもちろん、酒を飲ませた者(店)でさえ処罰される。場合によっては実刑である。それが、ドロドロに酔い、ろれつも回らないほど酩酊状態にあった人間が白昼堂々とワンボックスカーを運転して、しかもコンビニに突っ込み、器物破損事故を起こしたのだ。人が巻き込まれなかったのが不幸中の幸いだったのである。それが、僅か1日で釈放だって!? 石川県警というのは、実にお目出度い。寛大である。石川県では「飲酒運転撲滅」なんて関係ないお国だった?
今回の事故。本来なら尿検査もすべきだろう。それとも、すぐに県議も辞めたし、元総理の息子で、豪遊先のニュージーランドから、すぐに謝罪のコメントまで出したのだから、とりあえず釈放しちゃったのか? しかし、朝っぱら10時過ぎの事故というのに、単純に飲酒運転というだけで尿検査もせず、しかも「証拠隠滅の恐れはない」とはよく言ったものである。こんな捜査をしている県警を石川県民は何も思わないのか? 「反省して、やり直せばいい?」なんてテレビのインタビューに答える年寄りがいたけれど、この愚息、生涯保護観察にでもしておかないと、また何しでかすか分らない札付きの要注意人物だってことは、地元民なら誰もが知り得ているはず。そもそも、こんな愚息が2期も県議を務めていたこと自体、驚きである。石川県というのは、実に奇妙なお国である。
ところで、奇妙といったら、今回の森祐喜の事故の裏で、笑い話にもならない出来事が起こっていた。
事故直後に、何と「森祐喜なんて全く面識がない」なんて、ツイッターで呟いた女史がいたのだ。
あのピーチ・ジョンの野口美佳(@mikajohn)である。
「速報:石川県警は、道交法違反の疑いで、森元首相の長男で石川県議の森祐喜容疑者を逮捕した」と言った情報に野口は、いきなり「全く面識ないんですよ…なんでその人が押尾事件の噂に出てくるのか見当もつきません」と、意味不明な返答をしたのだ。
単に「道交法違反で逮捕」と書いているだけなのに、「面識ない」とか言い出し、さらに「押尾事件」まで持ち出してくる…。この人、やはり心のどこかにやましさがあるに違いないのだ。
さらに、野口は呟く
「噂に惑わされてるヤツみるとハラタツ。よく考えてみー。悪事は必ずばれるって」
「わたしは自分がバカだったと反省はしてます。会社や家族や友達にものすごく迷惑をかけた。けれど、近づいてくる人をいちいち疑う人生を送りたくない」
なんて、もはや逆ギレを通り越して開き直ってしまったような言い草である。
要は、三流役者だった押尾学に好意を抱き?六本木ヒルズ2307号室を無償提供したことを言っているのだろうが、事実は1つ。野口が無償提供した部屋で田中香織さんが変死して、押尾以下2人が逮捕され、主犯の押尾は「保護責任者遺棄致死罪」で3週間後には、元芸能人では初めての「裁判員裁判」を受けようとしているのだ。しかし、本来なら部屋を貸した野口だって道義的責任が問われても不思議ではないのに、いつの間にか被害者ぶるようになり、平然と石田純一と東尾理子の結婚披露宴に出ているんだから、僕には理解の出来ない人だ。いやいや、余談はいいとして、野口は森祐喜について「会ったこともないっつーの」とツイッターで逆ギレの如く吠え捲くっているが、そんなに感情的にならなくても…。
いずれにしても森祐喜の釈放もそうだが、野口が道義的責任を問われずにいることも摩訶不思議。この国というのは、法の下の平等とか何とか言うけれど一体、どうなってしまっているのか、どんな方向に向かっているのかサッパリ分からない。