沖縄・普天間問題は官僚にも責任! ! 鳩山がダメなら小沢一郎に総理をやらせるのも選択の1つでは…。

社民党が鳩山政権から離脱した。もともと、政策で一致していなかった社民党との連立自体に無理があった。ま、所詮は、参議院での数合わせの連立程度だったわけだから、迷走きしっていた民主党としてはよかったとも言えなくもない。だいたい、社民党は、沖縄の米軍普天間飛行場について、反対!反対!と叫んでいるが、政権与党として、じゃあ、どうしたらいいのかという部分が、全く語られてこなかった。どう考えても無責任と言うしかない。確かに、社民党にとっては、譲れない部分だろうけど、野党じゃないんだから…。辻元清美を見てみろ、やっと政権に入って国交省の副大臣になって大きな顔をしていたのに、無念でならないはずだ。いずれにしても、これで社民党の消滅は確実になった感じだ。
もちろん、鳩山由紀夫総理も何やっているんだかわからない。頑なに「5月末までに…」と言うから、実は、とんでもない腹案があるのかと思っていたら、全くなかった…。これじゃ、オチのない落語だろう!? 鳩山は紛れもない、宇宙人だった…。
結局、基地の場所として沖縄に代わるところはないだろう。だいたい、米国の属国だと言われている日本が、アメリカ様に本気に逆らえるのか見ものだったが、理想と現実には大きな開きがあることが改めて実感した。確かに「対等の付き合い」は重要だが、これまで自民党政権時代は、ずっと米国を崇めいてきた。それが民主党政権になったからといって、僅か半年で変わったといったら腰を抜かしてしまう。少なくとも、鳩山には無理だろうし、その前に”優秀な”官僚が動かない。日本は政治家がいくら叫んでも官僚が動かないと何も進まない国なのだ。そういった意味では、今回の普天間飛行場の問題は霞ヶ関の官僚にも大きな責任があるはずだ。ま、民主党がどう足掻いても、日本は官僚社会だってこと。
しかも、怖ろしいのは「辺野古」がどうだとか、言っているが、今の若い奴らに「普天間飛行場」とか「辺野古」なんて言ってもピンと来ないだろう。極端に言ってしまえば「辺野古」と書いても読めないかもしれないのだ。マスコミは、何とか国民的な問題として盛り上げようとしているかもしれないが、現実は…。世論調査云々と言うが、残念ながら、沖縄と内地では余りに温度差の違いがあり過ぎる。
やはり、ここは、好き嫌いはともかく小沢一郎に1度、総理大臣をやらせてみるのも選択肢の1つだろう。結局、民主党は小沢で動いているわけだから、もはや、そんな陰で動いているのではなく、表舞台に登場してもらえばいい。「政治とカネ」の問題が叫ばれているが、金がなければ何も出来ないのも現実。甘い考えかもしれないが、河村建夫・元官房長官のように税金を勝手に持ち出したわけでもないわけだし、ある意味で必要悪。ここは冷静に見て、小沢の他に相応しい人物はいないのでは…。まさか、イメージだけで舛添要一なんかには出来ないだろう。都知事とは違うのだ。
民主党の”黄門様”と言われている渡部恒三は、小沢に恨みがあるようだけど、もう「黄門様」の時代じゃない。由実かおるも出なくなって、ドラマの「水戸黄門」も1桁視聴率…。ここは、渡部先生にもお引取り願うしかない。
いずれにしても、7月の参院選挙は…。これだって何だかんだ言っても小沢の手腕が注目されているのだ。結局のところ、小沢以上の政治家がいないというのも日本の悲劇かもしれないが…。