エリカ様「顔も見たくない…」の身勝手さ隠しで高城とのツーショッ トも!? “離婚騒動”の裏事情(8)

お騒がせ女優・沢尻エリカと夫でハイパーメディアクリエーターの高城剛の離婚騒動。エリカ様と高城の間で、これほどまでに言い分が違うのは珍しいが、やはり、離婚問題の発端は、エリカ様の方にあることは間違いない。まずは、新恋人の噂が高いフランスの大富豪の息子の存在があるのかもしれない。もう一つは、今回のエリカ様の芸能復帰を巡って、高城との間で何らかのトラブルがあったということだ。トラブルとは、もちろん利権を巡っての話し合いとも考えられる。
そういった中、未確認情報ではあるが今朝、エリカ様と高城が(どこかわからないが…)ツーショントを激写されたという。スポーツ紙1紙とテレビ局のワイドショーが、その現場を撮影したというのだが…。
とは言っても実は、エリカ様の前事務所「スターダストプロモーション」との契約解消は、高城の問題がビミョーに見え隠れしていた。もちろん、エリカ様の契約解消と時期を合わせるかのように、同プロは所属タレントに「任意」としながらも「薬物検査」を実施することを明らかにした。これによって当然だが、沢尻の「薬物疑惑」が一段と濃厚になったのだが、実際には「沢尻よりも高城の存在の方が問題だった」なんていう声も…。その問題とは、薬物問題なのか、それともエリカ様を巡っての離婚問題なのか? もちろん、両方と言うことだって十分にあり得るわけだが、未だに真相は闇の中だ。
しかし、事情筋によれば、エリカ様の離婚問題が発覚する前、前所属事務所とエリカ様の間で、話し合いが持たれ、何らかの「合意」がなされたというのだ。そして、その「合意」の事実を示すかのように、エリカ様の写真集に関しては、全て前事務所が手がけることになったと言われる。これはどう見ても高城を外した上で、エリカ様と合意したことは明らかだろう。
一方、彼女のマネジメントはエイベックスが担当することになったと言われる。ただ、100%彼女のマネジメントをエイベックスが受け持つかは不透明なところがある。彼女自身、大富豪の出資でスペインで設立した個人事務所もあるだけに、ある意味ではエイベックスに所属していた韓国の「東方神起」と同じマネジメント体制になるものと予想される。
いずれにしても、高城は、エリカ様の芸能界復帰に際して、何らかの利権を握ろうと動いていたが、その動きが今回、完全に断たれてしまったと考えた方が自然だろう。離婚騒動は、その利権を巡って高城側からの最後の抵抗ってことかもしれない。
だとしたら、エリア様と高城というのは、どんな夫婦だったのか? 実に哀れな夫婦だったと思う。そんな人間味も生活観も感じられないエリカ様をキャラクターに選んだ「たかの友梨ビューティークリニック」というのは、どんなメリットが考えていたのか?
本来なら、CM契約の中で「離婚」は、最大のご法度項目。にも関わらず、たかの友梨側から「契約違反」とも「契約解消」とも出てこないっていうのは結局、出来レース。今回の事態は、たかの友梨側が当初から知り得ていたってことになる。まあ、大手プロダクションが間に入っているわけだから、そんなことは抜け目がないことは確かだが…。
しかし、今回の離婚問題。エリカ様は「(高城の)顔も見たくない」なんて言って、高城と会おうとしていないような態度だったが、お互い会わずに、他人任せで「離婚」というんじゃ、さすがにイメージが悪い。エリカ様の身勝手さを改めて世間に曝すようなものだ。そこで、敢えて、今回はツーショットを撮らせたって見方も出来る。もちろん、そんなショットは大っぴらには出来ない。
それにしても、今の時代、イメージ戦略としては、ちょっと白々しい感じもしないわけじゃないが…
いずれにしても、”金欠・高城”とは、ここまで問題が大きくなってしまった以上は金で解決するしか方法はないだろう。おそらく”示談金”は1億円は下らないはず。ま、大安吉日の28日、その合意がなされ、目出度く「離婚」が決まったということも考えられなくもない。