X JAPANの復活ライブでHideを3D再現し1億5000万円稼いだ高城剛も流れは紀香&陣内離婚劇と同じ(5)

まるで、藤原紀香と陣内智則の離婚劇にソックリな展開になってきた沢尻エリカとハイパーメディアクリエーター高城剛の離婚騒動。離婚の要因の一つに高城の“金欠”とも言われているが、真実はどうか!?
彼の職業は、日本語では「映像作家」と言うらしい。エリカ様とは22歳もの年の差。それは“愛があるなら年の差なんて…”とも言うが、ことエリカ様については、そんな甘い関係でないことは小学生だって分かるだろう。やはり、沢尻の目当ては「高城の金」だったはず。
で、高城とはどんな男なのか? かつて【ヘッドロック】で書いたことがあったが、彼は、あのX JAPANの10年ぶりの復活コンサートに絡んでいた。当時、高城は、沢尻とロンドンに滞在していたが、ロンドンに滞在しながら、遠隔操作で?ビジネスを行っていたというのである。さすがはハイパーメディアクリエーターである。
彼は、東京ドームでのX JAPANの復活コンサートで、3Dによる特殊映像によってステージ上にhideを再現したのだ。巨大なステージの上で、Hideの全身が再現され、演奏している姿は、まさにX JAPAN復活コンサートの目玉演出となった。
今、ブームの3Dを使っての映像演出は、YOSHIKIの“隠し演出”だったらしいが、この特殊映像を考案し、作り上げた人物――それが高城だったのだ。
それにしても、こんな技術を持っていたなんて、なるほど高城はマルチクリエーターである。しかも、この技術のギャラが1億5000万円だとか。遠隔操作で1億5000万円を稼ぎ出しなんて、実に大した男じゃないか! 
しかし、その稼いだ1億5000万円は、そっくりそのままエリカ様の懐に入ってしまったというのだ。
前記したが、同じようなケースで文無しになったのが、グッドウィルグループの元代表取締役会長兼CEOである折口雅博である。折口もエリカ様にメロメロとなった挙げ句に金を取られたという。
折口は当時、大手訪問介護「コムスン」を使って「血税」をネコババした挙句、その金で女子高生を多数、“介護”していた。南明奈や矢吹春奈、森下悠里といったジャリタレだが、沢尻もその中の1人だったようだ。早い話が、エリカ様は血税の恩恵を受けていたということになる。
「折口雅博は、沢尻エリカに2億とも3億円とも注ぎ込んだって噂です。しかし、それだけ注ぎ込んで、エッチが出来たのかは疑問ですけど…。おそらく、1〜2回程度だったんじゃないの? まあ、今になってみたら、億と言う大金をドブに捨てたようなものです」(関係者)
さすがの折口雅博も懲りたに違いないが、しかし、折口の使った金は、すべて「血税」である。本来なら、国に返還すべきものじゃないだろうか!?
いずれにしても、話は脱線したが、高城も今や稼ぎは、どうみてもなさそうである。金の切れ目は縁の切れ目ということもある。エリカ様も、フランスの大富豪の息子をゲットした以上は、もはや高城なんかには用はないってことも確か。
いずれにしても、藤原紀香と陣内智則と同じ。いくら高城が離婚を否定したところで意味はない。もはや、流れは“離婚”である。激流を止めることは、もはや不可能である。
それにしても、エリカ様に弱みを握られ、財産まで吸い取られてしまったとしたら、これは余りにも虚しい限りの結末である。