真相は闇…沢尻エリカの前事務所契約解消!「薬物疑惑」は解消されないままCM出演(4)

それにしても、昨年こと。酒井法子の覚醒剤騒動で、なんとなく盛り上がりに欠けたのが、沢尻エリカの“薬物疑惑”だった。当時のことを振り返ると、夫でハイパーメディアクリエーター高城剛に問題があったのか? それともエリカ様に問題があったのか? いずれにしても、事実として言えるのは所属する「スターダスト・プロモーション」が、エリカ様との契約を解消したということだった。それも、契約解消の理由が、MDMAの使用で逮捕された三流役者・押尾学にビミョーに似ていたこともあって、さまざまな憶測を呼んだ。しかも、拍車をかけたのはスターダストが、その後、所属タレントに「任意」としながらも「薬物検査」を実施することを明らかにしたことだった。当然だが、沢尻の「薬物疑惑」が一段と濃厚になった。いずれにしても、沢尻の契約解消の真相は闇の中になったままだ。その後、12月に、沢尻とスターダスト側との間で、何らかの合意がなされたようで、スペインに事務所を設立したり、CM出演についても、ある意味で円満に出来たようだ。それにしても、あの時に噂された沢尻の「薬物疑惑」がズルズルになっているのは納得出来ない…。だいたい、スターダストとの所属契約解消騒動という重要な出来事の真っ只中に2人揃って海外に行ってしまうということ自体、何かあると思わざるを得ない。しかも、その問題がハッキリしないうちに、高城がワーワー騒いで、いつの間にか芸能界復帰というんだから…。いい加減な芸能界と思われても仕方がない。ここは、どう考えたって、CMに抜擢した「たかの友梨ビューティークリニック」には説明責任はある。まあ、問題が起こったら起こったで、広告出稿の力を使うあたりは、ワコールをバックにしたピーチ・ジョンの野口美佳と瓜二つ。それにしたって、全て、女性を相手にしたビジネスというのも妙な接点である。結局、女は騙しやすいと女が思っているのだろうか…。(つづく)